So-net無料ブログ作成
JL Jeep ラングラー DOHCターボ ブログトップ

最近のウチのJeepイジリ、その他諸々 JLラングラーターボ [JL Jeep ラングラー DOHCターボ]

あー、一つ前の日記で書きましたように、私の理想のマイカー像は
デブヒゲのアメリカ人が
毎朝近所のマクドナルドのドライブスルーに横付けする
そんな薄汚れた下駄車

時々気が向いてビッグマックを10個ぐらい買って帰り
息子に『ダディクール!』とか言われる感じ

※参考:「アメリカ人のバーベキューへの思い入れは凄まじいものがあるからな」

まーそんな感じですので、今後も車高を思いっきり上げてみたりとか、外観が全く別物に見えるような車いじりは特にしようとは思っておりません、あくまでもノーマル状態を出来るだけキープし、都度必要があったらいじるって感じでしょうか(ちなみに自分はマクドナルドのハンバーガーは苦手です)
KIMG5719s.jpg
そもそもJeepは、この地球上で最も歴史・伝統のある四輪駆動車で、更にこのラングラーは数あるJeepブランドの車種の中でも、その最も長く濃い血筋の直系、嘘っこなしにノーマル状態のままでも世界最高レベルの悪路走破性能があります
ついでに言いますと一般に販売されている状態、つまりノーマル状態というのは、オフロードの走破性能を出来る限りスポイルせず、一般道や高速道路での走行性能や乗り心地も両立された、車として最もバランスのとれた状態であるので、ここから足回りをいじったりして悪路走破性能を極端に上げようとすることは、結果的に一般道や高速道路での運転性を落とすことになるのですね、
それはそれで高速をよく使う私には困るのですな(;´∀`)
まーここまでは単なる持論、買った人がそれぞれ好きにすればいいさーっ ε- (´ー`*)フッて話ですがww
前置きがエラい長くなってますが、そんな『ノーマル至上主義』の自分でも最初の段階では、やはり色々と気になる点がありまして、現時点でもホンのちょっとだけいじってますw
以下はそんな気になってイジった箇所や今後イジる予定の箇所です(そもそもイジるってほどでもないけど)

1.フロントナンバープレートの位置を上げました
ノーマル位置では、その裏にあるフロントカメラの映像にナンバープレートの下が写り込みます
Jeep-JL5s.jpg
なんでこうなるかというと、このJLラングラーはヨーロッパの右ハンドル仕様(イギリス仕様)がベースになっているのですね、あっちのナンバープレートは横長なのでこの位置につけると丁度しっくりくるのでしょうが、日本のナンバープレートは海外のナンバープレートに比べると縦の幅が厚く、結果的に下に垂れ下がり、カメラの視界に写り込むのです、更に見た目もナンバーが垂れ下がっているようで微妙にカッコ悪いw、ですのでステーを介してナンバープレート設置位置を上方向に5cmほど移動させました
Jeep-JL6.jpg
 ↓
その結果、見た目もキリッとしました(『房総ナンバー』は過去日記用に合成したもので架空のナンバーです)
boso-numberplate1.jpg

2.ブレードアンテナを短いものにしました
自分は過去にもYJラングラー、TJラングラーと乗ってきておりまして、その際、林道などを走る時に、よくあのラジコンカーのような1mほどの長さのブレードアンテナを枝にひっかけては『ビヨォォォォーーーン!バチーーン!』って感じで車体に跳ね返ってぶつかってイラッとしてましたw
そんな経験が2~3度あるので、今回、短いロッドアンテナに変えてみました(安かった!)
Jeep-JL7.jpg
長さはノーマルのおよそ1/3と短くなりましたが、自分の移動エリア内ではラジオの受信が悪くなったという感じはしません

3.オーバーフェンダーとフロントバンパーの間の隙間パーツを外しました
まーこれは納車時にやってもらったんですけどねw 外した方が昔ながらのJeepらしいですしね
JL-Jeep-sukima.jpg
ただそのせいでフロントバンパーの裏ブタがない状態となりフォグランプの後ろが丸見えになりましたw
でもこれでもラングラーは無問題なのです、そもそも70cmの水深を走破できるように作られてあり、バンパー辺りの高さの防水措置は完璧なんですね
Jeep-JL2.jpg
さらに言うとこの標準のフォグランプ自体がアクセサリーランプとしての機能しかないので、泥や飛石で内心早くぶっ壊れてくれないかな?とか思っているところもあります、壊れたらそれを機に社外品のまともに使えるフォグランプに付け替えたいな、とww
あー、話戻ってこの裏ブタですが、実はアフターパーツメーカーさんが企画中で近々販売するって話を聞きまして、発売されたら買ってつけようとは思ってます

4.『TURBO(ターボ)』のエンブレムをつけました
Jeep-JL3.jpg
まず最初に説明、コイツはグレード的には『スポーツ』というグレードで、形式上は安いバージョンであります、そしてこの上位グレードに『サハラ』、この春に日本導入の『ルビコン』があります
それぞれ大して値段変わらないので別に高いグレードを買ってもよかったんですが、、あえてコレを選んだ理由は以下になります
最新型のDOHCターボに乗りたかった
新開発の2.0cc DOHC直4ターボは、同じフィアットグループのアルファロメオ・ステルビオに積まれているものと同じで高出力なユニットです、そして既存のDOHC V6 3600ccエンジンと出力的には大して変わらず、更にトルクがムチャクチャデカくなったこの2.0DOHCターボエンジンに非常に興味がありました、これが欲しいとなると現在はこの『アンリミテッド・スポーツ』一択になっちゃうんですよね
でも買って個人的には正解!実際のところホントに鬼トルクでロケットダッシュします
早く新型のJLラングラーに乗りたかった
ホントはルビコンが良かったのですが、待つのが億劫でして(;´∀`)
さらに今年の春に輸入されるルビコンは全てV6 3.6Lモデルなんですねー、V6 3.6Lは前車のグラチェロ・2017サミットと、その前の2014ラレードで正直飽きたっす(;^ω^)
来年以降のルビコンは今と同じ2.0Lターボモデルが入るということで、それまで今のJLラングラー乗って待つことにしようかと、、もしくはJT、Jeepグラディエータールビコン2.0ターボにするか フッフッフッ( ̄ー ̄)ニヤリ
悪路を走る車に革シートは自分的にないなーと思った
前車グランドチェロキーサミットでしみじみ思いました、汚れて気になるようなキレイでリッチな革シートは、自分の理想である『下駄車』にはいらないです(´・ω・`)
雪がこびりついて前が照らせなくなるし壊れると案外高いLEDランプがイヤだった
これも前車サミットや、その前のラレードでしみじみと感じたことです、グラチェロのHIDとLEDで組まれたヘッドランプモジュールは雪の中では発熱量が少なく、雪がこびりついて視界を照らせなくなることがあるのです、今回の新型JLラングラーのサハラに装備されたヘッドランプなどの灯火類は全てLED!グラチェロでさえそんな感じでしたので、最初からこの装備は除外して考えてました
参考までに、JLラングラーサハラのLEDヘッドランプは故障するとユニット交換となり一つ10万円ぐらいしますが、このスポーツグレードは従来のままのハロゲンライト、壊れても値段なんてタカがしれてますw
「LEDだし早々壊れない!」と思うでしょ、そんなことありません平気でぶっ壊れますwww、過去にグラチェロのヘッドランプをLEDの故障で丸ごとユニット交換しました、3年以内の保証期間内だったから無料で直りましたが、これが保証が切れた後だと一つ30万円したのです、非常にバカバカしいwww
まーでもLEDのヘッドランプはカッコいいですよね、ラングラーのヘッドランプをLEDにするなら、純正ではなく社外品がいいかもしれないです、安いしいっぱい種類があるし面白そうです
掃除しなくても気にならない車にしたかった
これも前車のサミットでしみじみ思ったことですね、性分的に車の掃除って死ぬほど大嫌いなんですよ、ガソリンスタンドで掃除してもらうのでさえも非常に億劫なんです
今回それも踏まえ泥汚れがサマになる(?)ラングラーで、そして車体色も汚れが一番目立たないメタリックグレーにしましたw
・・で、その上で気になったこと!(ようやく本題!)
そんな考えの元に買った新型JLラングラーですが、その横っ腹にある『Jeep』エンブレムの下にチープに貼られた『ラングラー』と『スポーツ』のシールがウザいことといったら、、ですのでそのシールも納車時に剥がしてもらいました
そもそも車がスポーツするワケないんです

そういう筋が通らない呼称とか私は大嫌いなんだ!(´゚д゚`)
でもいざ剥がしてみたらその空いたスペースに何か入れたくなって・・
ボディ色が暗い色なんで、Jeepのエンブレムだけがヤケに目立っちゃっているんですねー、まーそれはそれでいいんだけど、この空間の空きがヤケに気になって・・
そうなったらこの車のチャームポイントである『TURBO』しかなかろうとw
この『TURBO』、Amazonで安く売ってたので付けてみました、昭和のスポーティカーみたいで意外とカッコイイかも、さらに後付けしたような違和感のないもので中々ナイスでした

ここからは、今後やろうと思っていることです

5.ヘッドランプとグリルのベゼルをつける
これも意外と安かったんでAmazonで購入しました、素材は多分ポリプロピレン、パーツ自体の作りは外車らしく多少雑でバリがあったりしますので、少し整形してから取り付けようと思ってます
Jeep-JL4.jpg
ちなみになぜこんなのをつけようとしているのかって?
それはカッコいいからです( ´ー`)フゥー...

6.アルミホイールを取り換える
別に今のままでもイイっちゃイイんですが、なんだか今いちカッコ悪いような・・(´・∀・`)
タイヤはブリヂストンのオールテレンで扁平率もそんなに高くなくタイヤの肉厚もあるもので、悪路などでは中々Goodなものなのですが、この安っぽいホイールだけが気になり、、さりとてゴテゴテとした『北斗の拳の悪党』が乗っているようなそんなホイールは好みではなく・・
Jeep-JL1.jpg
そんな中、このタイヤのまま(17インチ)で、さりげなく良さげな感じのホイールが、昨今TUS JAPANさんの『JEPPESEN』ブランドで発表されました、発売はもうちょっと先ですが、発売されたら速攻付け替えたいと思いますw
Jeep-JL9.jpg
Jeep Wrangler JL 専用設計 MODEL:MJCR 012JL SIZE:8J-17 +38 Disc Blade
JEPPESEN http://jeppesen.jp/

あー、その他モノ凄く関心したことを一つ・・
Googleのアプリ『Android Auto』が使えるのでナビいらず
Jeep JLラングラーですが、ウチの『スポーツ』グレードには、その上位グレードの『サハラ』に装備されているナビがついておりません、しかし7インチのタッチパネルモニターはついております
でもねこのモニターはスマホやタブレットと接続できて、Googleのアプリ『Android Auto』が利用できるのです
アプリですので通信費用はかかりませんし、そもそも無料アプリです、更にコレ、同じ道をさんざん走って比べたんですが前車(2017年式グランドチェロキーサミット)の標準ナビより精度が高いwwwwwwなんだコレやヴぇぇwwwwwwwwwwww
Jeep-JL8.jpg
噂では色々聞いておりましたが、、やはりメーカー標準のナビはダメっすね、特に外車は(;´∀`)
グーグルマップの精度やその更新スパンで完全に負けてますwww
実のところ、後付けで社外品のナビを追々取り付けようと考えておりましたが、そんな話は吹き飛びました
今のところこの機能で充分賄えております、賄えるどころか、お釣りがくるほどに(・∀・)イイ!!
何より『オッケーGoogle~』のお決まりの音声コマンドで、運転しながらでも操作できるのが自分的には使いやすいです

・・と、昨今のウチのJeepはこんな感じでありますm(__)m
あと変な話なんですが、、グラチェロからJLラングラーに乗り変えて、久々に車が楽しいものだと感じられるようになりました、乗り心地はグラチェロの方がずっといいのになー、我ながら不思議な話ですがww
でもまたあの頃のように、YJやTJで山野を駆けずり回った時のように走り回りたいなって思わせてくれる車でして、今の自分にとっては中々にナイスな愛馬なんではないかと思います
もーねオッチャン、うっきうき(´゚ c_,゚`)プッ

nice!(3)  コメント(0) 

ジープJLラングラー、フロントバンパー裏の蓋を作る準備 こりゃー冬休みの宿題だな(´・ω・`) [JL Jeep ラングラー DOHCターボ]

あー、ウチのJLラングラーは、日本国内標準仕様となっている、フロントバンパーとオーバーフェンダーの間の「隙間埋めパーツ」を外してます、その方がJeepらしいので納車の段階で外してもらったんですが、そもそも日本仕様の全てにこの隙間パーツがハマっている理由って、日本の安全基準などのせいらしいんですよね、
しかし仮にこの隙間埋めがされてなくても日本の車検は問題なく通ります、じゃー外すに限りますよねw
(※この隙間パーツは、アメリカ本国仕様ではスポーツ・スポーツSについています)
このラングラーの「隙間埋めパーツ」は、1997年から発売されたTJラングラーの日本仕様から付いてました、自分は2003年モデルのTJを乗っていたのですが、それも確か納車時に外してもらってたわー('ω')
JL-Jeep-sukima.jpg

そして現在のウチのJLラングラー やっぱJeepはこうでしょー( ´ー`) フッ
KIMG5252s.JPG
KIMG5278s.JPG

しかしねー、その日本仕様のこの隙間埋めパーツ、フロントバンパーの裏蓋(うらぶた)と一体化されてるんで、外すともれなくバンパー裏が丸見えになります
KIMG5277s.JPG

現時点でフォグランプやバンパー裏には泥ハネがw、でもまーJeepラングラーに限って言えば、この辺りの配線周りは浸水することが前提でしっかり防水されています、このJLラングラーの最大渡河深度は76.2cmですしね、このまま配線剥き出しでも平気っちゃー平気なんです、それに蓋つけても隙間から雨水や泥は入り込むしなー むしろこのプラスチックのバンパー全て取っ払いたい
KIMG5279s.JPG

しかしまー買った早々からちょっと安っぽくなっちゃうのも車が可哀そうな気もするので、この上記の隙間パーツ(&バンパー裏ぶたパーツ)を加工して、フロントバンパーの裏蓋を作ることにしました
KIMG5280s.JPG

パーツを裏から見たところ
KIMG5287s.JPG

材質はポリプロピレンだと思います
KIMG5288s.JPG

上記のパーツを直接ホームセンターに持っていき、お店のオジチャン達と相談した上で、最適と思われる切断用具を買ってきました
KIMG5281s.JPG
鉄やアルミ、プラスチック類、石膏ボードも切断できるハンドソーに、布やすりとハンドサンダー、あとはその昔ジオラマ造りで散々使っていた金属やすりを引っ張り出せば大丈夫そうです

あとはいつやるか、、この冬休みの宿題になりそうですw、まーこの部品の余計なとこだけカットしてしまえば、一か月点検のついでで、ディーラーさんで一緒につけてもらってもいいしな、とにかくカット&見えるところの整形だけでもこの冬休み中には完了しようと思います(´・ω・`)
KIMG5282s.JPG

nice!(0)  コメント(0) 

Jeep JLラングラーアンリミテッド ターボ 妙に早い新型ジープです [JL Jeep ラングラー DOHCターボ]

あー、この前乗り換えたウチの新しい車『Jeep JLラングラーアンリミテッド ターボ』
中々コイツ、妙に早いです、そして軽い、
ターボが低回転で効き始めるのですが、そのターボが効き始めると一気にエンジンの回転が上がり、フロントをグッと持ち上げてグィーーーン!って加速します
いやー、今までのラングラーにはない挙動で、ある意味勝手が違い過ぎて気持ち悪いぐらいwww
このラングラーに積まれているターボエンジンは、ダウンサイジングされた最新のエンジンで、排気量が2.0Lと今までの歴代のラングラー、そして他のJeepに比べても比較的小排気量なのですが、既存の3.6L V6 DOHCなどのユニットより明らかに力があります、コイツの最大出力は272ps、最大トルクは40.8kg.m/3000回転です、ターボの挙動も車好きなら面白いことは間違いないですw
そしてこの新型のラングラーはハンドルがヤケに軽いです、これも気持ち悪いなー、代車でしばらく借りてたJKラングラー(一世代前のラングラー)と全く別物のハンドルの軽さで、もちろん前車のグランドチェロキーなどとも比較にならない軽さ、なんというか軽自動車みたいにハンドルが軽いです、年中フルタイム四駆モードのまま走っているのですが、ほんと軽い・・、まーコレもいずれ慣れるんでしょうが、今までの車の調子でハンドルを握る手に余計な力が入っちゃうのか、我ながら軽すぎてフラフラしちゃいます(同乗者にはわからないようですが)

今回のJLラングラー、CJやTJを意識したJeep顔ということで、個人的には非常に好きな顔つきです
KIMG5252s.JPG

リアナンバープレートの位置は、今までの歴代ラングラー(日本仕様)と同様ウザいよなぁー、、
KIMG5253s.JPG
これは日本の法律のせいでナンバープレートをセンターに配置することになっているので本国アメリカ仕様と違い、この位置にきてます、まーこれでもデパーチャーアングル自体はかなりあるので、岩登りでもしない限り早々ナンバーをひっかけたりしないと思うんですけどね、、
でもまーそのうち移動キットが社外品で発売されるでしょうし、そしたらナンバーの位置を変えて、バンパーの下への出っ張りは切り落しますかね。。

ボンネットフードのエアインテークや側面のエンジンの熱の放熱用のスリットはデザイン的にも中々イイ!
その昔、TJに乗ってた頃に、真夏に渋滞にハマってパーコレーション起こしたことがあるので、このエンジンの放熱に関する処置は非常に理に適ってるし、第一ちょっとカッチョイーんでナイスですw
KIMG5255s.JPG
あと、前車と同様、前後にドライブレコーダーは付けました

まー何にせよコイツは『フツーにJeep』って感じで気負わず付き合えそうです
KIMG5254s.JPG
ほんとコイツは基本的にノーマルなまま粗雑に使い込めそうで、そのうちタイヤが減ってきたら、その際にタイヤとホイールを一緒に取り変えるぐらいかな、サスもラングラーらしく硬いけど、特にコレ以上硬くしたり柔らかくしたり、ましてや車高を上げたり下げたりとかしません、まーコレぐらい乗り心地も目線もトラック然としてくれてると、運転してて眠くならなくていいわw

ちなみにこの2.0ターボは、灯火類が全て従来の電球ですね、ディランプさえも電球!逆にLEDではないので切れても壊れても非常に安価です、こういうのは中々嬉しいわーw
前車のグランドチェロキーは灯火類がLEDやHIDでして、あれが壊れるとそれぞれユニット丸ごと交換となり割と高くつくんですよね、例えばグラチェロのヘッドライトはユニット交換で片方だけで30万円しますし、LEDが入ったサイドミラーも片方丸ごと交換で15万円します、ちなみにこのJLラングラーのサハラバージョンに今回新しく装備されたLEDヘッドライトも、万一故障するとユニット丸ごと交換で片方10万円飛んでいきます、悪路を走るJeepなのにトンでもなくバカくせーパーツ費用 ァ '`,、'`,、('∀`) '`,、'`,、
一般的には『LEDだから壊れない』と思われがちですが、実はコレが案外壊れるんですwww、前車は2017年式グランドチェロキーサミットでしたが、その前は2014年式のグランドチェロキーラレード、そのラレードで一回LEDランプの故障がありました、HIDを囲むLEDランプの一部が故障して青く光るようになっちゃったんです、これは3年間の保証適用で無償で直しましたが、保証が切れたあとだったらモロに30万円の修理費がかかったようです、電球交換なら自分でもできますがLEDの修理なんてオレには簡単に出来ん!
まーコレがベンツやBMWのSUVとかなら仕方ないと思えるけど、ステージが荒野のJeepなんで、こういうメンテナンス性を無視したカッコ優先のパーツのセレクトってやめてほしいわー(;´∀`)

nice!(2)  コメント(0) 

Jeep JLラングラーアンリミテッド ターボがきた(・ω・)ノシ [JL Jeep ラングラー DOHCターボ]

あー、ちょっと前に、Jeepグランドチェロキー サミットを卒業すると言ってましたが、、
その後、実はコイツにしました
Jeep JL ラングラー アンリミテッド スポーツ 2.0DOHCターボ
コイツでJeepは通算7台目、ラングラーは3台目になります
KIMG5242s.jpg
色は汚れが目立たないメタリックグレー、埃被って薄汚れても気にならない色ってことでコレにしました
どんだけ自分が車の掃除が大嫌いかわかる選択ですww
もーねコイツは肉ばっかり喰ってる髭デブのアメリカ人が、掃除なんかせず下駄のようにマクドナルドのドライブスルーに横付けするような、そんな
ドブネズミのように美しい『ラット仕様』で行きたい!
そして昔のように悪路も躊躇なく走りまわるつもりですが無駄に車高を上げたりしません
もーホント、フツーに汚く転がしますwww
で、ぶっ壊れたら社外品にパーツ換装するってノリで行こうかな、と・・

納車時にフロントバンパーとフェンダーの間の隙間を埋めてる部品は外してもらいました
KIMG5243s.jpg
お陰でバンパービルトインのフォグランプの背面が開けっぴろげなんで、外したこの隙間パーツを鉄ノコで切るなどをしてそのうち泥除け用の裏蓋でも作ろうかと思います
(水がかかっても別にバクハツしたり燃えたりしないんですけどね)

横っ腹のJeepエンブレム下の『ラングラーアンリミテッド』『スポーツ』のシールも剥がしてもらってます
KIMG5244s.jpg
コイツは誰が見てもJeepそのものなんで余計なシールはいらん!更に車がスポーツするわけないんでそんなアホゥなシールもいらん!( ー`дー´)キリッ
あ、でもそのうち昭和の自動車みたいにターボのエンブレム着けるかも( ´・∀・`)

ちなみにタイヤですが、サハラはHTだけどスポーツはATを履いてます、悪路向きに振られたタイヤが標準なんですね、ライトは雪がこびりついて前が照らせなくなるLEDじゃなく、その発熱で雪をある程度溶かせる昔ながらのハロゲン!!そして無塗装のオーバーフェンダーでメッキパーツ皆無、更に革シートではなくフツーのファブリックシート!このグレードの性格がわかるってモンですな
汚れも小傷も気になりません!ザ・フリーダム!\( 'ω')/
一見『単なる安いグレードじゃん』て思われるだろうけど、悪路走行や様々な気象条件下での『ツール』としての使用を考えると、サハラの商品パッケージより、このアンリミテッドスポーツの方が実はずっとJeepとしては理にかなう仕様なんですよー
あーあとスマホのGoogleマップ(Android Auto)がダッシュボード中央のモニターに接続できるんで標準のナビもいらんし、逆にコイツには付かなくてちょうど良かったですわ、標準ナビは前まで乗ってたグランドチェロキーの2014年式ラレードや2017年式サミットで、しみじみ使えないよなーって思ってまして…(;´∀`)

そうそう、日本仕様のJLラングラーは実はイギリス仕様の改修版でして、トランスファーは全てのグレードにフルタイム四駆モードが設定されてます、アメリカ本国仕様でも一部にしか設定されてないのに、なんてお得なんだ!と・・、これはセレックトラックというトランスファーで、過去にJeepリバティ(KJ/KK 日本では「チェロキー」で売られていました)に積まれており長年世界中で実績のあるものでして、ソイツが標準で着いていることも天候が変わりやすい日本での使用に非常にナイスなのではないかと思われます

あと走った感じですが、、今んとこまだちょっとしか走らせてませんが、代車でしばらく乗ってたJKアンリミテッドに比べても圧倒的に軽く取り回しも良くなってます、そしてこの前まで乗ってたグラチェロの3.6Lより走り自体が軽く、さらに明らかに加速が良くて思った以上に俊敏です、グラチェロと同じく8ATになったことも俊敏さが増した理由だとは思いますが、これ多分JK乗ってた人が乗るとビックリしますよ、そしてグランドチェロキー乗ってた人は色々と案外羨ましく思うかも、、
まーこの最新のDOHCターボ車に乗りたかったんで、このエンジンが現時点で唯一積まれるこの『スポーツ』グレードを選んだんですが、、
いやいやターボなんだかスゲェっす!!
ゴツい外観なのに良い意味で裏切られましたw

nice!(3)  コメント(0) 
JL Jeep ラングラー DOHCターボ ブログトップ