So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

Jeep JLラングラーアンリミテッド ターボがきた(・ω・)ノシ [JL Jeep ラングラー DOHCターボ]

あー、ちょっと前に、Jeepグランドチェロキー サミットを卒業すると言ってましたが、、
その後、実はコイツにしました
Jeep JL ラングラー アンリミテッド スポーツ 2.0DOHCターボ
コイツでJeepは通算7台目、ラングラーは3台目になります
KIMG5242s.jpg
色は汚れが目立たないメタリックグレー、埃被って薄汚れても気にならない色ってことでコレにしました
どんだけ自分が車の掃除が大嫌いかわかる選択ですww
もーねコイツは肉ばっかり喰ってる髭デブのアメリカ人が、掃除なんかせず下駄のようにマクドナルドのドライブスルーに横付けするような、そんな
ドブネズミのように美しい『ラット仕様』で行きたい!
そして昔のように悪路も躊躇なく走りまわるつもりですが無駄に車高を上げたりしません
もーホント、フツーに汚く転がしますwww
で、ぶっ壊れたら社外品にパーツ換装するってノリで行こうかな、と・・

納車時にフロントバンパーとフェンダーの間の隙間を埋めてる部品は外してもらいました
KIMG5243s.jpg
お陰でバンパービルトインのフォグランプの背面が開けっぴろげなんで、外したこの隙間パーツを鉄ノコで切るなどをしてそのうち泥除け用の裏蓋でも作ろうかと思います
(水がかかっても別にバクハツしたり燃えたりしないんですけどね)

横っ腹のJeepエンブレム下の『ラングラーアンリミテッド』『スポーツ』のシールも剥がしてもらってます
KIMG5244s.jpg
コイツは誰が見てもJeepそのものなんで余計なシールはいらん!更に車がスポーツするわけないんでそんなアホゥなシールもいらん!( ー`дー´)キリッ
あ、でもそのうち昭和の自動車みたいにターボのエンブレム着けるかも( ´・∀・`)

ちなみにタイヤですが、サハラはHTだけどスポーツはATを履いてます、悪路向きに振られたタイヤが標準なんですね、ライトは雪がこびりついて前が照らせなくなるLEDじゃなく、その発熱で雪をある程度溶かせる昔ながらのハロゲン!!そして無塗装のオーバーフェンダーでメッキパーツ皆無、更に革シートではなくフツーのファブリックシート!このグレードの性格がわかるってモンですな
汚れも小傷も気になりません!ザ・フリーダム!\( 'ω')/
一見『単なる安いグレードじゃん』て思われるだろうけど、悪路走行や様々な気象条件下での『ツール』としての使用を考えると、サハラの商品パッケージより、このアンリミテッドスポーツの方が実はずっとJeepとしては理にかなう仕様なんですよー
あーあとスマホのGoogleマップ(Android Auto)がダッシュボード中央のモニターに接続できるんで標準のナビもいらんし、逆にコイツには付かなくてちょうど良かったですわ、標準ナビは前まで乗ってたグランドチェロキーの2014年式ラレードや2017年式サミットで、しみじみ使えないよなーって思ってまして…(;´∀`)

そうそう、日本仕様のJLラングラーは実はイギリス仕様の改修版でして、トランスファーは全てのグレードにフルタイム四駆モードが設定されてます、アメリカ本国仕様でも一部にしか設定されてないのに、なんてお得なんだ!と・・、これはセレックトラックというトランスファーで、過去にJeepリバティ(KJ/KK 日本では「チェロキー」で売られていました)に積まれており長年世界中で実績のあるものでして、ソイツが標準で着いていることも天候が変わりやすい日本での使用に非常にナイスなのではないかと思われます

あと走った感じですが、、今んとこまだちょっとしか走らせてませんが、代車でしばらく乗ってたJKアンリミテッドに比べても圧倒的に軽く取り回しも良くなってます、そしてこの前まで乗ってたグラチェロの3.6Lより走り自体が軽く、さらに明らかに加速が良くて思った以上に俊敏です、グラチェロと同じく8ATになったことも俊敏さが増した理由だとは思いますが、これ多分JK乗ってた人が乗るとビックリしますよ、そしてグランドチェロキー乗ってた人は色々と案外羨ましく思うかも、、
まーこの最新のDOHCターボ車に乗りたかったんで、このエンジンが現時点で唯一積まれるこの『スポーツ』グレードを選んだんですが、、
いやいやターボなんだかスゲェっす!!
ゴツい外観なのに良い意味で裏切られましたw

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 3

コメント 0

コメントの受付は締め切りました