So-net無料ブログ作成

我が家のお迎え(複数人の人影) [予感 予知 夢日記 謎 心霊]

まぁウチだけじゃないんだろうけど、、
よく、死の床に伏してる人のところにお迎えが来るといいますよね?

変な話ですが、ウチにもその「お迎え」の人々(?)がいるようです

1.
伯父が亡くなる前にも、その病室に何人もの人影が、
気付くと何度もやってきてたようで、
伯父は看病をする伯母達に、
しきりに「病室から出て行かせてくれ!」と言ってたという事です

2.
自分の父が亡くなる時は、もっと詳細に憶えてます
何せ自分の父親、自分も何度も病室に行きましたからね
父の場合、その末期は視界がほぼなくなっていたにも関わらず、
「やはり」その人影だけは見えてたようです
看病をする母に、やはり伯父と同様、出ていかせてくれ!と言ってたということです
自分が見舞いに訪れたときにも、その「彼ら」はやってきていたようで、
自分は「誰もいないよ、大丈夫だよ」と父親に言った記憶があります
その「彼ら」の人数は複数人、完全に人影らしく、顔も判別出来ないようでした
それらが気付くと父のそばまで寄って来ているということでした
しかも病院で寝たきりの父は基本的に上を向いて寝ており、
その視界の前方に「彼ら」は出ていたようでして、、
つまり、宙に浮いているということなのでしょうかね

3.
自分の弟が大病をし、重度の錯乱状態になってた時、
やはり「彼ら」がやってきたようです
弟が言う彼ら人影も複数人、顔の判別はつかず、
透けているようなイメージだったように聞きました

4.
そして自分の例w
自分の場合、時々ユーレーとか見たり案外勘が当たったりと、
自分で言うのも恥ずかしいんだけど、割とフシギ君なところが昔からあるのですがwww、
過去に一度、そんな不思議な集団を夢の中で見たことがありました
様々な出で立ちをした武士の集団です
参照:バァサンと男衆が対峙している夢
http://sanadado.blog.so-net.ne.jp/2009-10-26-2

彼らは、後に会った著名な占い師さんヒーラーさんからも、
ウチの「先祖衆」であろうと認定された経緯がありますw

そんなこんなからか、何とはなしに思ってるんですけど、
伯父を含め、父や弟の元に「お迎え」にやってきた人影とは、
ぶっちゃけ彼ら先祖団なんじゃないかと・・・
で、たまたま自分は夢で、彼らの姿をしっかり見れたんじゃないかな?とか

まぁだからどうだってことはないけど、ひとまずメモ書きで残しときますw
あと、知ってる限りは、男のとこにしか出てきてないように思います
彼らは日頃は見えないけど、
常に自分ら達のそばにいてくれて見守っていてくれてるんじゃないかな、と・・・
そして、十分に一生を全うした後、
彼らはお迎えにきてくれてるんじゃまいかと考えてます
(´・ω・`)



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 2

コメント 0

コメントの受付は締め切りました