So-net無料ブログ作成

バァサンと男衆が対峙している夢(さらに前々の日記のオマケ) [予感 予知 夢日記 謎 心霊]

この夢は、まだ離婚など話にさえ出ないこの夏に見たものです
夕焼けがかった地平線まで平坦な草の少ない大地、
雲は緩やかなものが視界の左右いっぱいに流れてました
そこに髪が多少乱れた、痩せ気味のオバァサン(オバサン?)と、
それに対峙するように1メートル程の間合いを取って、
派手な成りではないけど、脇差し(刀)を腰に巻いた男達が5~10人程、横一列に並び、
そのオバァサンと睨み合ってる、
男達の人数にバラツキがあるのは、自分の視線が変わるたび、人数が変わったからです
でも一番少なくても最低5~6人はいました
オバァサンは髪を結ってはいるけど、ちょっと乱れてて、その乱れ気味の髪が風になびいてます、
細身でプロポーションは良さそうな人です、
服装は、焦げ茶色の細かいピッチの縦ストライプの地味めな和装、肩の辺りにアテがされてます、
肌は浅黒く、目鼻立ちははっきりしてて、美人さんなんでしょうが、、何より表情がキツい、
正面から見たとき、目が吊り上がってて口元も歪んでます、
くいしばった歯も見え、何かこちらの、男衆側を強く非難しているようです
対して男衆のほうは、体格が一様にゴツイ人が多く、皆、刀をさしており、
肉体労働者風の雰囲気で、中には簡易的なマゲを結ってる人や、
烏帽子(えぼし)を被っている人も確認できました、髪はみんな長くはないです
男衆は一様にちょっと困った、そして、ちょっと怒った様相で、しかし押し黙った表情をしています
バァサンに向かって一番左の男性の姿は、一番見たアングルなのでよく覚えてます、
簡単なマゲを結っていて、オレンジ色っぽい(薄い黄色?茶色?)カスリの和装の人物で、
黒い鞘に入った刀を、少なくとも一本、ひょっとしたら二本、腰の辺りに付けてます、
その人物の刀は、よく知られる湾刀と違い、反り返ってはおらず、真っ直ぐな物で、
割りと見ないタイプで特徴的なこともあり、印象に残っています
面白いのは、その彼の和装の足元が、大きく捲くり上げてたこと、
筋肉質のぶっとく逞しい足がよく分かりました、
この人の表情はちょっと怒った風で、ムスっとしています
全体の雰囲気では、これから決闘があるというような物騒なモノではなく、何かの決め事に対して、
どちらかというと感情的に怒りをぶつけてくるバァサンの話に、男衆が対応してるという感じで、、
男衆のほうの気持ちは「話にならない、諦めるしかないか」という感じでした

…で、こののち急速に相手から話が持ち上がり、あっけなく離婚になりました (ノ∀`)
中野の易者のおばさんも言ってたけど、
自分もあの夢の中のキツい顔したバァサンが向こうの先祖、男衆がこっちの先祖団に思えて仕方ありませぬ
そしてまさにこの夢のようなシチュエーション、感情で、私の短い結婚は終わりました
(´・ω・`) フゥ~…

【関連日記】
中野の母との遭遇(気学&タロットなど)
http://sanadado.blog.so-net.ne.jp/2009-10-26


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:占い

nice! 1

コメント 2

駅員3

さなゆきさんは、人一倍感受性が豊かなのでしょうね。
きっと眷属のみなさんが背後に控えて守ってくれているのでしょうね(^^)
中野の易者さん・・・僕も行ってみたいなぁ(^^)/
by 駅員3 (2009-10-27 08:00) 

さなゆき

>駅員3さん

中野ブロードウェイにいますので、ぜひ行ってみてください(w

先祖霊や背後霊とかって、何だかんだ言っても絶対いるものだと思っております
マヤカシ事という人もいるでしょうが、、例えいなかったにしても、信じることで心が豊かになれますし、安心感も増すと思いますですっ!
by さなゆき (2009-11-02 10:59) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0