So-net無料ブログ作成
検索選択

かつや カツ丼(梅)は80gロースカツ そして(竹)は120g、(松)は80g×2枚 [外食など]

あー、カツ丼チェーン店の元祖、「かつや」のカツ丼(梅)です
使用されるロースカツは80gと薄いですが、
だからこそこの肉に味がよく染み込み、且つ食べやすく非常にナイスなんですねー(^ω^)
そもそもかつやをかつや足らしめたものは、この代表メニューであるカツ丼(梅)なわけでして
そういう点からは
カツ丼(梅)を極めずして「かつや」は語れず
これぞ「かつや」のαでありΩであーる!
・・そんな奥深い逸品なのです(゚д゚)ウム
DSC_3216s.jpg
DSC_3217s.jpg

一番ベーシックですが、だからこそバランスも取れていて飽きがきにくい
そんなメニューがこのカツ丼(梅)なんですねー
今までかつやのメニューを案外UPしてきましたが、一番よく食べている筈のカツ丼(梅)がなく、
あらためて写真撮ってみましたw


ちなみにカツ丼(竹)120gロースカツのカツ丼はこんな感じ
見た感じはかつやのカツ丼3種類中、もっとも「カツ丼」らしい「カツ丼」なのですが、、
個人的にはこの120gロースカツは、普通にトンカツ定食のほうが美味しく頂けます
DSC_3041s.jpg
DSC_3040s.jpg


最上級のカツ丼(松)は、80gロースカツが2枚入ってこんな感じ
80gというささやかなサイズのロースカツも、2つ重なるとドえらくボリューミーになります
カツ丼(松)をオーダーする場合、ご飯は大盛にしたほうがバランスがいいと思われますw
DSC_3055s.jpg
DSC_3054s.jpg


あー、かつやさん、ごちそーさまでした!(-人-)

かつや
http://www.arclandservice.co.jp/katsuya/


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

冷やしぶっかけうどん ある日の朝めし [野郎飯(男の手料理・レシピ)]

あー、ある日の朝めし

ミツカンの濃縮汁を使って、ぶっかけ用の汁を作り、
そこに電子レンジで解凍したうどんをしっかり冷やしてから突っ込み、
さらに海苔と乾燥ネギをふりかけ、傍らにすりおろし生姜チューブを少し入れ、
最後に生卵をぶっこんで、冷やしぶっかけうどん作りました

DSC_3238s.jpg

あぁー旨かった(´∀`*)

ごちそうさまでした!(-人-)

nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

笠森観音にお札をもらいにいきました そしてヌコまみれの黒招き猫の縁起屋へ [房総半島(千葉県)]

あー、自分は何だかんだで神仏系が好きなのかもしれません
ここ笠森観音さんにも年に数回行きますしね(´∀`)
そんな笠森観音堂、この前の土曜日、今年初めてお詣りに行ってきました
まぁ今年のお札をもらいに行ったんですけどね

DSC_3119s.jpg
DSC_3120s.jpg

ついでに行くたびに黒ヌコの小さい招き猫をついつい買っちゃう縁起屋へ
ここは山門をくぐってすぐ左手にある様々な開運グッズ、というか様々な招き猫を売っているお店でして、
招き猫屋といっても過言じゃありません、招き猫好きにはたまらないお店かと・・(・´з`・)b
ほんと店内招き猫だらけなんですよww

言葉はいらない、まずは写真を見よ!( ー`дー´)キリッ
DSC_3124s.jpg
DSC_3122s.jpg
DSC_3123s.jpg
DSC_3125s.jpg
DSC_3126s.jpg
DSC_3127s.jpg
DSC_3128s.jpg

笠森観音様、今年も宜しくお願いいたします(-人-)


【関連日記】
笠森観音さんのとこの黒い三連星☆彡 黒ぬこ招き猫
http://sanadado.blog.so-net.ne.jp/2014-03-03-1
子授けパワー全開!笠森観音様 GJ!(゚ω゚)
http://sanadado.blog.so-net.ne.jp/2013-08-09
笠森観音に初もうでに行ってきました(´∀`)
http://sanadado.blog.so-net.ne.jp/2013-01-21-1

笠森観音 大悲山 楠光院 笠森寺
千葉県長生郡長南町笠森302

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

ネギ焼きが旨い! ホントに旨い!! (゚д゚) [野郎飯(男の手料理・レシピ)]

あー、嫁さんがいない間、肉ばっか喰ってみたせいか(ここ幾つかの過去日記参照)、
朝の目覚めと共に発作的に青ネギが無性に食べたくなりましてw
起き上がって早々、仕事ほったらかして青ネギをガンガン輪切りにし、薄く溶いた小麦粉にぶっ混んで、
朝から青ネギのネギ焼き作って食べました

刺身のように濃口醤油かポン酢に漬けて食べるとサッパリしてて美味しいです(´∀`*)

DSC_3206s.jpg

これは最初に作ったもの
小麦粉の水の量をあえて多めにして、ちょうどタコ焼の中身のようなトロトロ感に調整してます
DSC_3205s.jpg

第二回目に作ったもの
今度は第一回目の反省を踏まえ、中はトロトロのまま、表面をカリカリに出来ました
油を多めにして、表面を軽く揚げるようなイメージでしょうかね
DSC_3207s.jpg

でもねー2回目のは何度かひっくり返してたせいか崩れちゃったんだー(´・ω・`)
DSC_3208s.jpg

ポン酢や濃口醤油との相性は抜群な一品でした
ソースもウスターならまぁまぁあうけど、とんかつソースなどはダメですね
ソースの味に負けちゃいます
DSC_3209s.jpg

青ネギいっぱい入ってます!
DSC_3212s.jpg

あー、ごちそうさまでした!(-人-)

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

「白菜と豚肉の地層鍋」の作り方(ミルフィーユ鍋 横バージョン)【おひとり様用】 [野郎飯(男の手料理・レシピ)]

あー、前の日記のように、この2~3日、嫁さんが子供を連れて実家に行っているので、
飯は独身の頃のように色々楽しんで作ってますw

そしてこの日の夕餉は「鍋」、しかも一人暮らしの頃散々使っていた小さい鍋で料理です
いやーなんか懐かしいわー(*´ω`*)

作る鍋は白菜と豚肉のはさみ鍋(ミルフィーユ鍋とか言われているヤツ)のアレンジ
白菜と豚肉の地層鍋!<なんじゃそりゃ
まー一般的なこの鍋は、あらかじめ白菜と豚肉を層にしてから切り、鍋に縦に詰めこんでいくんですが、
メンドクサイし味も変わらないので、昨今の我が家では鍋の下層から白菜・豚肉・白菜・・と、
まるで地層のように積層させていきます
そして最後に重石替わりで豆腐を載っけるのが流行りですね(ウチの中だけの流行り)
この重石はもちろん湯豆腐風でいただけますw
DSC_3171s.jpg

まずは顆粒のカツオだし5g、昆布だし4g、粗塩を少々、
そして水もこの後100ccほど入れ、あらかじめ溶かしておきます、これがスープのベースになりますDSC_3172s.jpg

白菜は縦に一回、そして横に数回包丁を入れ、ザクサク切っておきますDSC_3173s.jpg

最初の「地層(?)」、白菜を敷きます
DSC_3175s.jpg

豚肉小間切を敷きますDSC_3176s.jpg

再度白菜を敷き詰めます
DSC_3178s.jpg

再度豚肉小間切れを敷きます
DSC_3179s.jpg

さ、さらに白菜を敷きます、というか載せます
DSC_3180s.jpg

白菜を手で軽く鍋に押し込んだ後、水をさらに200ccほど足し、最後に重石がわりに豆腐を載っけますDSC_3182s.jpg

蓋を載せ火をかけます、大体弱火で、時に様子見て中火ですね、ガンガン火をたくと焦げますDSC_3183s.jpg

具材に火が通るに従い、徐々に蓋のふちに白菜や豆腐から出た水があふれてきてきます
出来るだけこぼれないように火加減で調整しますDSC_3184s.jpg

やがて蓋の穴から激しく蒸気が・・DSC_3185s.jpg

ここまでくると、さっきまで縁にあふれていた水分が真空効果で蓋の内側に吸い上げられます
出来上がりですね(^ω^)DSC_3193s.jpg

はいはーい!スタンバイOK!DSC_3194s.jpg

蓋をあけました、湯豆腐も出来てますわー!これが旨いんだ!(しかし絹豆腐なので崩れた)DSC_3195s.jpg

湯豆腐(?)をハフハフしながらポン酢でいただいていると、やがて本命の白菜が覗いてきますDSC_3196s.jpg

ほれ白菜と豚肉のミルフィーユ、横積層でもしっかり挟み鍋が出来るんです しかしまさに地層wDSC_3197s.jpg

はい、鍋を食べた後はシメの時間ですね、本日のシメは鍋焼きうどん
鍋の残り汁に濃口醤油を適宜に入れ、更にすりゴマを投入、そしてうどんをぶっ混み煮ます!DSC_3198s.jpg

ある程度うどんが煮えてきたころ、生卵を投下!DSC_3199s.jpg

さらにイカと海老の冷凍かき揚げ天ぷらも投入!DSC_3200s.jpg

しばし煮込んだ後、鍋を前にして祈ります
「おいしくなぁーれ、おいしくなぁーれ」と祈ります(-人-)
DSC_3201s.jpg

蓋をあけました!
おぉー!ゴージャーッス!
DSC_3202s.jpg

拡大DSC_3203s.jpg

あー、マジに旨かったー!
ごちそーさまでしたー!(∩´∀`)∩
DSC_3204s.jpg


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

野郎のウチ飯ランチ 400g豚ロース小間切れをスタミナ焼肉でガフガフ喰らう(゚д゚)ウム! [野郎飯(男の手料理・レシピ)]

あー、嫁さんが子供を連れて2~3日実家に行っているので、この日も完全無欠に一人飯、
これは牛肉デーの次の日の昼飯です
昨日は牛肉を合計で783g喰い、さすがに牛肉に飽きたので、
この日は豚肉で攻めます!<( ´゚д゚`)エー まだ肉喰うのかよ
何より絵本のワニワニ(※下記リンク参照)のように肉を
ガフガフ喰いたいぞ!
・・と思う衝動だけはまだまだ続いておりまして、
どこまで肉を喰いまくれるか、連続できるかの孤独な挑戦が、この日も続いていたのですw

・・で、その豚野郎な昼飯
豚ロース小間切のスタミナ焼肉ーー!
DSC_3165s.jpg

冷凍室の中に豚肉ロース小間切があったので400g分を取り出し解凍、長ネギとニラを大量に切って加え、
そこに「すりおろしニンニク3・すりおろし生姜3・濃口醤油1・みりん1」でタレを作り、
おもむろに生肉にぶっかけて混ぜ、フライパンで焼きました
豚肉の生焼けはヤヴぁそうなので、今回はしっかり火を通してます
DSC_3166s.jpg

ご飯は一個前の日記と同様、野郎の一人飯ご用達「まんが日本昔ばなし盛り」
昨日に比べてちょっと盛りが少なかった(;^ω^)
DSC_3167s.jpg

味噌汁は昨夜の残り あおさ海苔と青ネギの味噌汁
DSC_3168s.jpg

こちらのひじき煮も昨夜の残り物、しかし自分は意外とマメだよなー ァ '`,、'`,、('∀`) '`,、'`,、
DSC_3169s.jpg

喉の潤いはやはり「水」!、真冬なのに氷水ですw
DSC_3170s.jpg

あー、豚さんごちそうさまでした、マジにおいしかったです!
・・豚さんも牛さん同様、
迷わず成仏してください(-人-)

※文中の「わにわに」とはこれ、面白いですよ ↓


わにわにのごちそう (幼児絵本シリーズ)

わにわにのごちそう (幼児絵本シリーズ)

  • 作者: 小風 さち
  • 出版社/メーカー: 福音館書店
  • 発売日: 2007/02/15
  • メディア: ハードカバー

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理