So-net無料ブログ作成
検索選択
房総グルメ 料理 食 ブログトップ
前の6件 | -

房州田舎寿司 握れます(´∀`*)ポッ 南房総のガラパゴス寿司 [房総グルメ 料理 食]

あー、自分は故郷の味である房州・房総の昔ながらの寿司、
最近では「房州(田舎)寿司」「房総(田舎)寿司」と呼ばれる一種の郷土料理
所謂「房総南部専用ガラパゴス寿司」も握ります
我ながらナンなんだオレは!って感じですが ( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \
この辺りも一つ前の日記の「房州お雑煮のレシピ化」同様、
自分で食べたいときに作れるように、色々検証しながら田舎の味の再現に取り組んできました( ー`дー´)キリッ
まー正直いうと、一人暮らしが異様に長かったこともあり、
職場から帰ってきてから、家でしょっちゅう夕飯を作ってたことの延長上でもあるんでしょうけどね
だからまぁ今でも飯作りは苦になるどころか良い気晴らしになります

まーそんなこんな、お雑煮ばかり喰ってもいられず、昨夜は房州寿司を握りました
これは、いただいた出汁巻き玉子をネタに作ったモノです
本日の寿司酢の塩梅はお米の調子を見て、そしてチビッ子にも食べさせるため砂糖を気持ち強くしました
おおよそですが、寿司飯の寿司酢レシピは、ご飯1合に対し
・砂糖 35g(ご飯の調子を見てお好みで!) 
・米酢 35cc
・粗塩 5cc計量スプーン1杯
※これを全部そっくり一合のご飯にブチ込むわけじゃないです念のため、、酢飯の様子をみて入れます
DSC_2899s.JPG
房州寿司の玉子は、実は基本的には出汁巻きじゃなく昔から卵と砂糖、みりんなどで
時間をかけてシンプルに焼いた厚焼き玉子なんだけど、、まーこの際オッケー
酢の案配は、鴨川大横渚の叔父が常々言うように
房州の寿司は、
酢がピシャッと効いてるモンだっぺよー!

・・な仕様
シャリ玉は、昨今一般的な江戸前寿司の2.5倍ほどの大きさで、
これは第二次大戦前後の江戸前寿司のサイズであり、
現在「房州田舎寿司」と区分される田舎寿司の、今に伝わるサイズでもあります
まぁたまに房州の昔ながらの寿司屋がTVに出るたび「巨大寿司」とか言われますが、
実はそんなに驚くほどは大きくないです
ほんとTVはメディアとして死んでますね、
嘘と誇大表現ばかりで苦手ですわ( ´_ゝ`) <どーでもいい自己主張

そういや一時期、酢飯が苦手になった子供が、また酢飯を食べれるようになりました、
今回よく食ったわ、、
頬っぺたがリスのように食べ物で膨らんでる図
DSC_2903s.JPG

その他、この日のおかず
北海道から送られてきたカズノコの松前漬、これがまた旨いんですよねー
太平洋岸に住んだことのある人は、多分この濃い~ぃ味付けが好きだと思いますDSC_2900s.JPG

おせちの残りも飾ってみました by嫁さん作
DSC_2896s.JPG


【関連日記】
房総寿司 / 房州寿司 エビで作った(^ω^) ウチの田舎の郷土メシ
http://sanadado.blog.so-net.ne.jp/2016-09-20-5
http://sanadado.blog.so-net.ne.jp/2015-03-23-1
房総半島食い倒れ 房総のウマい飯(*´∀`*)
http://sanadado.blog.so-net.ne.jp/2015-01-23

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

【平成29年】 房総のお正月 お雑煮(房州スタイル) 【西暦2017年】 [房総グルメ 料理 食]

南房総の実家での年始・・

神棚や仏壇には、それぞれお正月飾りがされています
DSC_2887s.JPG
DSC_2885s.JPG

そして本題の「房州のお雑煮」
すまし汁に大根、人参、ヤツガシラ(里芋)、ナルト、小松菜、人参は梅と桜になってます
そしてこれに角餅入れて青海苔かけていただきます
DSC_2882s.JPG
DSC_2880s.JPG
DSC_2881s.JPG
DSC_2883s.JPG
この房州スタイルのお雑煮は、元々鴨川の横渚地区出身の母親が、
南房総市との境にある曽呂地区(高曽呂の佐生「さしょう」家)出身の曾祖母から伝えられたもので、、
そこから山を一つ二つ越えた南房総市和田町(三原地区)出身の我が眞田方の父や祖父も
「懐かしい」「旨い!」と喜んだ味なのです(*´∀`)

その他、お節料理など・・
昔は母親が物凄い量をほぼ一人で手作りで作ってましたけど、
さすがに80歳ですし家族も減り、料理作りも大分トーンダウンしましたが・・
元々大盛り文化な風土の南房総エリア出身なので、
その房州人としての血が(食べれもしないのに)欲するのか、
作らなくなった分、色々買い込んできやがんの(;^ω^)
DSC_2863s.JPG
DSC_2872s.JPG
DSC_2870s.JPG
DSC_2868s.JPG
DSC_2867s.JPG
DSC_2864s.JPG
DSC_2865s.JPG
DSC_2875s.JPG
家族総出で必死こいて食べまくりましたわー、毎年毎年房総の実家で繰り広げられる謎の苦行(;´∀`)
でも美味しいものをお腹いっぱい食べられるって幸せなことだけどねw

正月なので子供に晴着を着させてやり、南房総のバァ様と記念撮影の図
(・・カメラを構えている嫁さんの横でスマホで撮った写真)
DSC_2877s.JPG

 

家に帰ってきたら、そのまま眠ってしまいました
やはり疲れたようです
DSC_2888s.JPG
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

【御菓子司ふくだや(福田屋)】十万石どら焼き ブルーベリー味、こいつぁー旨い!(; ・`д・´)b 大多喜町 [房総グルメ 料理 食]

あー、これもやはり前の日記からの流れw
大多喜駅でお土産を買いそこねたので、
そのまま大多喜町の老舗の和菓子屋さん「ふくだや」に流れ着きましたw
そちらで買ったのは十万石どら焼きの詰め合わせ(母親のご近所用)と、
自分の家へのお土産で、やはり十万石どら焼きを数個・・
そして十万石どら焼きの新作「ブルーベリー味」も買い込んできましたw

これがその十万石どら焼きブルーベリー味
DSC_2770ss.jpg
DSC_2771s.jpg
DSC_2772ss.jpg

お味はチビッ子も嫁さんも旨い旨いとバクバク食べられちゃって、
自分の分がなくなったほどの人気でしたwww
ブルーベリークリームがどら焼きの皮に挟まれてるんですねぇ・・
お薦めの一品ではないかと思います(´ω`*)

【関連日記】
十万石 大多喜どら焼き 「御菓子司ふくだや(福田屋)」 大多喜町
http://sanadado.blog.so-net.ne.jp/2013-11-19
大多喜町 二八そば ふくだや とろろ飯定食とたぬきそば
http://sanadado.blog.so-net.ne.jp/2016-11-24-2

御菓子司 ふくだや
千葉県夷隅郡大多喜町新丁24

ふくだや 国道店 (和菓子 お食事)
千葉県夷隅郡大多喜町上原357-1


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

我が老いた母を乗せ館山に墓参り、途中「茂八寿司」で並2人前食べてきた(´ω`*) [房総グルメ 料理 食]

あー、前の日記の通り、この前の週末は子供の七五三の記念撮影で、双方の親が集まったわけですが、
ウチの実家、外房の母親を帰す際、途中、館山に周り、母親の姉夫婦の墓参りをしてきました
その際、房州田舎寿司(房総田舎寿司)を出すお店「茂八寿司」に母子2人で寄ってきました
(嫁さんと子供は留守番)
なんだかんだ言って、ここの寿司屋の味は自分が昔から慣れ親しんだ味でして、、
食べるとホッとできるのですε-(´∀`*)ホッ
オーダーは「並」を3つ頼みました
1つは老いた母の分、
残り2つは私の分でーす
ビバ2人前(∩´∀`)∩ヤホーイ♪
自分はこのいわゆる「房州田舎寿司」を夕飯などでよく握るのですが、
子供がチビッ子で酢飯をまだ嫌がることから昨今作る機会がめっきり減っておりまして、、
その反動もあり迷うことなく2人前を頼みました ァ '`,、'`,、('∀`) '`,、'`,、
DSC_2764s.jpg

並 一つ目
DSC_2765s.jpg

並 二つ目
DSC_2766s.jpg

寿司ってのは色々好みが分かれるでしょうが、自分はこの南房総の昔ながらの田舎寿司が好きです
酢がピシャッ!と効いてて、ネタもシャリ玉も大きい
まーこれぐらい量がなくちゃー、食った後すぐ腹減っちゃいますってヽ( ´ー)ノ フッ
寿司のネタもそう!自分は昔ながらのこの「寿司らしい寿司」のネタが好き!
酢でしっかりシメたコハダ、厚焼き玉子(決してダシ巻き玉子じゃない!)、蒸したエビ、イカ、貝類、
そして赤付け(マグロ赤身、房総の方言)、海苔巻!
もーね、これ以上、何がいるんでしょうって感じですわー(´∀`*)ポッ

ちなみにこちらの茂八寿司がテレビ番組に出る際に、
しばしば「巨大寿司」とかなんとかよく言われていますけどね、
そもそもの江戸前寿司の発祥の頃は、これよりもっと大きいシャリ玉でして、、
発祥の江戸時代後期では、今の一般的なシャリ玉の実に3.5貫~4貫分はありました
茂八寿司のシャリ玉のサイズは、今のものと比べるとせいぜい2貫分+αサイズ、
これは握り寿司の歴史の中では、明治時代後期から戦後ぐらいまでの一般的なサイズですね

参考までに、寿司のシャリ玉の大きさの変容を・・
sushi2.jpg
sushi1.jpg
一番左が、現在の江戸前寿司のシャリ玉サイズ、
真ん中は、明治後期~戦後の時期ぐらいまでのサイズで、現在の寿司2貫分+αほどのボリュームです
大正ロマンや昭和レトロ、そう呼ばれる時代の人々が食した大きさですね
そして右側が、江戸前寿司発祥当時、西暦1820年代のサイズ、
いわゆるプロトタイプ江戸前寿司ですね
現在の寿司2.5~4貫分ほどのボリュームになります(写真は3.5貫分)
このサイズはちょっとしたオニギリ状態なので食べにくく、
真ん中に縦に包丁を入れて、2つに切り分けて食べたことがあったようで、
それが現在、寿司を2貫1セットで出す由縁じゃないかと言われてます
そして本題の房総田舎寿司、房州田舎寿司のシャリ玉の一般的なサイズですが、
上記の真ん中のサイズに近いと思います(というかそのまんま)


茂八寿司
千葉県館山市船形1052番地の1
http://www.mohachi.com/
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

大多喜町 二八そば ふくだや とろろ飯定食とたぬきそば [房総グルメ 料理 食]

あー、前の日記の続き
大多喜八幡神社などに行ったあと、家族全員で大多喜町でおそばを食べてきました
行ったお店は国道沿いの峠にある「二八そば ふくだや」 
ここは大多喜町のマチナカにある十万石どらやきのお店、「御菓子司ふくだや」の姉妹店というか、
そこの息子さんがやっているお店です
彼は数年前に他界した自分の弟の後輩でもあり、それだけでも何気にご縁を感じます
店主の山口さんはウチの弟が死んだこと知らなかったんだなぁ・・
マチナカの和菓子ふくだやのオヤッサン、余計なことは言わない人だからな、気を使ってくれたんだな
その心遣いが本当にありがたい・・(ノ∀`)
もうそれだけで「ふくだや」一押し!(`・ω・´;)キリッ

・・で、オーダーしたものは、とろろご飯定食(正式なメニュー名は忘れた ごめんなさい 汗) 1,080円

とろろ芋は、摩り下ろされた山芋に海苔とウズラの黄身が入っており、これに蕎麦のつけ汁をかける形です
ご飯にかけて食べるとほんと(●´ω`●)ウマー
DSC_2648s.jpg

そしてセットのたぬきそば、このたぬきそばはやたら豪華です!
天かすだけじゃなく、錦糸卵や長ネギ、カマボコにニンジン、三つ葉(かな?)などが、
打ち立ての二八そばの上に華やかに散っています!
優しいうまみのある汁に、この優しい喉越しの打ち立て二八そば、、なにより香りがいいですわ~(´∀`*)DSC_2650s.jpg

あー、大多喜町の二八そば ふくだやさん、
店主の山口さん!ごちそーさまでした!
ウチの姫も大喜びでした!また伺います!(`・ω・´)ゞ


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

南房総 鴨川市のお土産 鯛せんべい、伊勢えびせんべい、磯玉(ながらみ)、イワシの胡麻漬 [房総グルメ 料理 食]

あー、ひとつ前の日記の続きでもありますが、、
ようはこの前の土曜に、田舎でバーチャン拾って、鴨川の親戚の墓参りに行ってきたんですが、
その際に買ってきたお土産をUPしときます

お土産その1
鯛せんべい
元々は、日蓮聖人由来の千葉県鴨川市小湊の誕生寺界隈で、お土産として大正時代以降、出回ったものですね
自分は子供の頃からこれをよく食べてました、今では色んな味のバリエーションがあるようです
そうそう、この鯛せんべい、鯛は入っていませんので誤解なきよう・・その昔は「鯛焼煎餅」として売られていました
DSC_2555.JPG

お土産その2
伊勢えびせんべい
房総南部では、伊勢えびというと、いすみ市大原や御宿町が有名ですが、実は鴨川市一帯でも大量にとれます
これはその伊勢えびを使ったせんべい、一般的なエビせんべいに比べ、旨味が強いですね
さすが伊勢えび!と感心しました
DSC_2557.JPG

お土産その3
イワシの胡麻漬
イワシの胡麻漬というと、同じ千葉県の九十九里が有名ですが、実は鴨川産のものも評判が高いのです
個人的にはウチの由縁深い房州、その鴨川産を強く推したいと思います!( ー`дー´)キリッ
(九十九里産のものと、味は大して変わりませんw)
DSC_2538.JPG
DSC_2539.JPG
DSC_2563a.JPG

お土産その4
磯玉(ながらみ)
昔は大量にとれて、ほんと今では考えられないぐらい安かったんですけどねー、今じゃ高級品です(;´∀`)
自分が子供の頃なんて、父親がよくお土産で小さいバケツ一杯分、大体毎度毎度300個ぐらい買ってきてました
そして一晩のうちに父、自分、弟でバクバク喰ってた思い出があります、そんなのがしょっちゅう・・
Σ( ゚д゚)ハッ! ウチのようなのがいたから磯玉とれなくなっちゃったんかも!?((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
DSC_2541a.JPG

東京湾岸の自宅に帰ってきてから、せっかくなんで鮮度のいいうちにと、
その日のうちに茹でて嫁さんと子供とで食べました
DSC_2545a.JPG
DSC_2547a.JPG

子供は磯玉より大福餅のほうが好きなようでした、モノの価値のわからんヤツめ!これだからガキは・・(;^ω^)
DSC_2550a.JPG

これらのお土産の殆どを買ったお店は、鴨川市の亀屋本店 鴨川店
このお店は確か40年ぐらい前にここに出来たような、、当時から鯛せんべいの看板かかげてました
なんで詳しいかというと、自分が小学生の頃、鴨川の親戚の家に夏休みに泊まりに行ったときなど、
従姉妹らとよくこのお店に用もないのにしょっちゅう遊びに行ってましたんでww(その当時のお店と違うのかな?)


亀屋本店 鴨川店
千葉県鴨川市横渚1067−3
http://kameyahonten.com/

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の6件 | - 房総グルメ 料理 食 ブログトップ