So-net無料ブログ作成
検索選択
時事ネタ 面白いモノなど ブログトップ
前の5件 | -

「大学堂」のホットドック食べた(^ω^) あやしいテーマソングでやってくる黄色いワゴン [時事ネタ 面白いモノなど]

だいがくど~♪
だいがくど~♪
おひかえなすって だいがくど~♪
かたじけないけど だいがくど~♪

東京の東側に住んでると、たまにこの不気味な歌を流しながら
ヨレヨレと近づいてくる黄色いワゴンを見たことありませんか?
これは千葉県市川市に本部を置く「大学堂」の、ホットドックとアイスクリームの移動販売車なんですね
自分は18歳の頃からしばらく、千葉県市川市の行徳に住んでいたんですけど、
その当時からこのアヤシイ黄色いワゴンが街なかを走ってたのを記憶しており、
今でもたまに見ると懐かしさがこみ上げてきますわww

この日は近所の公園で、子供と、近所の子供達と遊んでいたところ、
いよいよ我が町にも彼らの侵略の手が迫ってきたようで・・
子供の友達のお母さんは、子供にせがまれて大学堂でまんまとアイスクリームを買ってしまい、
そして私もウチの子に「アイリちゃんが食べてるのほしいー」とやられまして、まんまと彼らの策に堕ちました
・・とか言いながら自分もちゃっかり「ホットドッグ太郎」を数年ぶり(もっとか?)に買い、
自らの若かりし頃に想いを巡らせながら食べてたりしてたんですけどね ァ '`,、'`,、('∀`) '`,、'`,、
ここのホットドッグは炒めたキャベツが入ってて、
なんだかもう昔ながらのホットドッグそのもの、昭和レトロでして、
21世紀の今となってはかなりNICEなんですわー

しかしなー、ここのテーマソング、かなり耳にこびり付くんですよね、一度聞くとしばらく脳内でリフレインしまくる・・
まさに夢でうなされそうなフレーズなんだよなー
なんか一種のサブリミナルなことやってんじゃないのかと・・(;´∀`)

大学堂のテーマ PART:Ⅰ(販売車バージョン)
大学堂のテーマ PART:Ⅱ(販売車バージョン)

彼ら謎の組織の許可をその場で得て、黄色いワゴンの写真を撮りまくりました
メニュー代わりにどうぞw

DSC_2474.JPG
DSC_2475.JPG
DSC_2476.JPG
DSC_2477.JPG
DSC_2478.JPG
DSC_2479.JPG
DSC_2481.JPG
DSC_2482.JPG

写真を見返したら、、大学堂のテーマソングCDをここで売ってやがる(;´∀`)
彼らはホットドックとアイスを売りながら、このCDを配布して人々の心を狂わせ、
その裏で地球侵略とか考えてるんじゃなかろうか(゚A゚;)ゴクリ <単なるバカ


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

Windows10のゴリ押しマジ(゚Д゚)ウゼェェェ [時事ネタ 面白いモノなど]

ホンのさっき、自分の仕事用PCに出てきやがった
いやーブルーバックぽいのは、昔からPC使ってた人間には、かなりドキッとくるでしょフツー
しかも仕事中、一瞬真っ暗になりやがんの、マジやヴぁいでしょ
知っててやってんだろうな、タチ悪すぎ、すげー嫌いになる
最大級の嫌がらせだわ
DSC_1660.JPG

職場のPCだもん、
必要になったら会社で金出して買うからいいよ(´・ω・`)

nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

「アメリカ人のバーベキューへの思い入れは凄まじいものがあるからな」【転載】 [時事ネタ 面白いモノなど]

まあ、アメリカ人のバーベキューへの思い入れは凄まじいものがあるからな。 
海外赴任中に取引先のデブに、ディナー奢ったお礼に誘われて、嫌々行ってみたんだが、 
まず肉が凄い。キロ単位で塊で買ってくる。
手土産に持ってった肉をみて「それじゃ足りないよ、 貧乏人」という顔をする。
エコノミックアニマルはいつまでも肉食には慣れないらしい、みたいな。 
絶対、その肉4キロより、俺が買ってきた肉500gの方が高い。っつうか、それほぼ脂身じゃねえか。 
で、デブが肉を切る。やたら切る。不良風のデブ娘とデブ息子もこのときばかりは親父を尊敬。 
普段、目もあわせないらしいガキがダディクールとか言ってる。郷ひろみか? 畜生、氏ね。 
鉄板も凄い、まず汚ねぇ。こげとかこびりついてる。 洗え。洗剤で洗え。つうか買い換えろ。 
で、やたら焼く。焼いてデブ一家で食う。良い肉から食う。ゲストとかそんな概念一切ナシ。 
ただただ、食う。デブが焼いて、デブがデブ家族に取り分ける。俺には回ってこない。畜生。 
あらかた片付けた後、「どうした食ってないじゃないか?」などと、残った脂身を寄越す。畜生。 
で、デブ一家、5キロくらい肉を食った後に、みんなでダイエットコークとカロリーカットのビールを飲む。 
「今日は僕も飲んじゃう」とかデブ息子が言う。おまえ、酒どころか絶対薬やってるだろ? 
デブ娘も「ああ、酔っちゃった、あなた素敵ね」とか言う。こっち見んな、殺すぞ。 
デブ妻が「太っちゃったわね」とか言って、デブ夫が「カロリーゼロだから大丈夫さ」とか言う。 
アメリカンジョークの意味がわかんねえ。畜生、何がおかしいんだ、氏ね。 

rosutobeef33.jpg
yuhan33.jpg
gyuuniku1.jpg
gyuuniku2.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「お早うクソッタレ共!」 A10学校と、みにくいアヒルの子 [時事ネタ 面白いモノなど]

『A10学校』

「お早うクソッタレ共!ところでジョナスン訓練生、貴様は昨夜ケンカ騒ぎを起こしたそうだな?言い訳を聞こうか?」 
「ハッ!報告致します!磯臭いF-18乗り共がアヴェンジャーを指して『バルカン砲』と抜かしたため7砲身パンチを叩きこんだ次第であります!!」 
「よろしい。貴様の度胸は褒めておこう。いいか、低空で殴りあうには1にも2にもクソ度胸だ 
曳光弾をクラッカー程度に感じなければ一人前とは言えん。今回のジョナスン訓練生の件は不問に処そう。 
だがアヴェンジャーを知らないオカマの海軍機乗りでも士官は士官だ。訓練生の貴様はそこを忘れないように。 
ではA-10訓、詠唱始めッ!!!!」 


何のために生まれた!? 
――A-10に乗るためだ!! 
何のためにA-10に乗るんだ!? 
――ゴミを吹っ飛ばすためだ!! 
A-10は何故飛ぶんだ!? 
――アヴェンジャーを運ぶためだ!! 
お前が敵にすべき事は何だ!? 
――機首と同軸アヴェンジャー!!! 
アヴェンジャーは何故30㍉なんだ!? 
――F-16のオカマ野郎が20㍉だからだ!! 
アヴェンジャーとは何だ!? 
――撃つまで撃たれ、撃った後は撃たれない!! 
A-10とは何だ!? 
――アパッチより強く!F-16より強く!F-111より強く!どれよりも安い!! 
A-10乗りが食うものは!? 
――ステーキとウィスキー!! 
ロブスターとワインを食うのは誰だ!? 
――前線早漏F-16!!ミサイル終わればおケツをまくるッ!! 
お前の親父は誰だ!? 
――ベトコン殺しのスカイレイダー!!音速機とは気合いが違うッ!! 

我等空軍攻撃機!機銃上等!ミサイル上等!被弾が怖くて空が飛べるか!!(×3回)



『みにくいアヒルの子』 

あるところにみにくいアヒルの子がいました。 
そのみにくさから、みんなからばかにされ、いじめられていました。 
「おお、なんてみにくいんだろう。A-7Dがあるのに必要ないではないか!?」 
「F-16のほうがつかえる子ではないかね?あんなみにくい子はいらないだろう」 
「近接航空支援なんか、AH-64 にまかせればいいだろう。あんなみにくい子はどっかにやってしまえばいいんだ」 
と、さんざんでした。 
はじめのうちは、みにくいアヒルの子をかばっていた空軍も、しまいには、 
「ほんとうにみにくい子。いっそ、陸軍と海兵隊へいってくれたらねえ」 
と、ため息をつくようになりました。 
キーウエスト合意があったため空軍にのこることにはなりましたが、せっかくのLASTEもなかなかじっしされず、 
冷戦終結もあいまってついに空軍州兵や空軍予備役に追いやられてしまいました。 
みにくいアヒルの子はそのまま活躍も無く消え去ると思われました。 
しかしやがて湾岸戦争がはじまりました。 
するとどうでしょう。 
砂漠環境での機械的トラブルに悩まされたAH-64や、ろくに活躍できず被撃墜数の多かったF-16を尻目に、 
撃破数戦車987両、装甲兵員輸送車約500両、指揮車両等249台、トラック1106台、砲兵陣地926ヶ所、対空陣地50ヶ所、SAMサイト9ヶ所、レーダーサイト96ヶ所、 
指揮所など28ヶ所、塹壕72ヶ所、スカッド発射台51基、FROG発射台11基、燃料貯蔵タンク8ヶ所、航空機地上破壊10機、Mi-17ヘリコプター撃墜2機という大戦果をあげました。 
気がつけばもう、みにくいアヒルの子をばかにするものは誰もいませんでした。 
なんと、2028年まで運用が延長されることが決まったのです。 
みにくいアヒルの子は、りっぱなルーデルの子だったのです。

アンサイクロペディア A10(攻撃機)
http://ja.uncyclopedia.info/wiki/A-10

a10-1.jpg
a10-2.jpg
a10-3.jpg

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

日の丸弁当は貧乏ではなく、実は豊かさの証 【転載】 [時事ネタ 面白いモノなど]

hinomaru-bentou1.jpg

日の丸弁当は貧乏ではなく、実は豊かさの証

福島原発事故は、日本に伝わる食文化を学び直す好機
 最近は「夏痩せ」という言葉が死語になりつつあるようだ。政府と電力会社から過度な節電を強要された今年は例外だったかもしれないが、エアコンの効いた快適な部屋で過ごしていると暑い夏でも食が進み、涼しさを感じるお彼岸の頃、決まってお腹の周りの脂肪が気になり始めダイエットを志す、というのが年中行事のようになってしまっている。

74歳で老眼鏡要らず、縄跳びは100回以上跳ぶ
 さて、今年はどんな方法でダイエットに取り組むか。そう考えていた矢先、とてつもなく元気なスーパーおばあちゃんに出会った。74歳にして豊かな頭髪に白髪はほとんどなく、新聞や本を読む時に老眼鏡のお世話になることもない。

 スクワットは平気で70回以上こなし、縄跳びは100回以上連続して飛ぶことができるという。お年寄りになると会話のスピードが落ちがちだが、早口が“自慢”の私の2倍以上の速さで言葉が飛んでくる。

 医者に全くかからないのでデータで証明はできないものの、「体にはひとつも悪いところがない」と言い切る。健康料理研究家の若杉友子さん。見るからに逞しいおばあちゃんである。

 健康の秘訣は食だという。若杉さんが主催する料理教室はいつも満杯。京都駅からクルマで3時間ほど走らないとたどり着けない交通の便の悪い京都府綾部市で開いているにもかかわらず、日本全国から受講者が集まってくる。

 連休の狭間の今週は、このおばあちゃんのお話にお付き合いいただきたい。

 若杉おばあちゃんは言う。「健康になりたかったら、そして痩せたいんだったら、あなたのお母さんが小さい頃に作ってくれたはずの日の丸弁当を見直しなさい」

 日の丸弁当って、アルミ製の弁当箱の真ん中に大きな梅干が1つ。日本の国旗の形と色をしたやつでしょうか。

 「そうよ。日本人なんでしょ。有難くそのお弁当をいただきなさい。もったいないからご飯つぶ1つも残しちゃダメよ。日の丸弁当を食べていれば日本人は健康になれるの」

 でも、日の丸弁当というのは、小さいときの記憶では貧乏の象徴だったような・・・。「米と梅干とそして漬物だけかよ。お前の家は貧乏だな」。当時の漫画ではそのように揶揄される対象だったと思いますが。

最高の贅沢は銀シャリに梅干
 「完全にアメリカのプロパガンダに洗脳され切ってしまっているわね。戦後66年も経っているのにこれだものねぇ。アメリカ人がカロリー、カロリーと叫んで、日本人のカロリー摂取量を上げようとしたのは、農産物を売り込みたいからじゃない」

 「2000年以上日本に住んできて、日本の食生活に合った形に体の構造がなっている日本人は肉ばっかりの食生活を送ったら、体に良いことはひとつもないわ。口に極楽、腹地獄というやつね」

 そういえば、JBpressで日本の中小企業の強さを連載してくれていた岡野工業の岡野雅行さんは、何よりのご馳走が銀シャリと梅干、そしておいしい緑茶をかけた茶漬けだと言っていました。

 お会いすると決まって高級なお肉をご馳走になりましたが、ご自身はほとんど口にされず帰ってから梅干と茶漬けを楽しんでいる。

 「あなた、ご馳走という漢字は書けるわね。どういう意味か分かるかしら。馬に乗って三里四方を走り、苦労して食材を集めてお客さまに出す。そのおもてなしの心をご馳走と言ったのね」

地元で採れた食物を食べるように人間の体はできている
 「ただ自分たちは普段からご馳走は食べられないから自分の畑なら畑、野山なら野山から採れる範囲の食材を採って食べていました。実はそれが健康の秘訣だったのです」

 「身土不二という言葉が日本にはあるでしょう。人間が生まれ育った風土で育った食物は体に順応し、適応してくれるということを表しています。つまり、地元で採れた食べ物を食べているのが健康のためということ」

 小さい頃、背が高くなりたくて牛乳をたくさん飲みました。残念ながら並みの高さにしかなりませんでした。でも、やっぱり背を高く体格を良くしようとしたら、地元で採れた食べ物だけでは限界があるのではありませんか。

 「日本のお米には栄養素がいっぱい詰まっているのよ。欧米人が食べている麦から作ったパンに比べたらはるかに栄養価が高い。何より昔のお相撲さんはお米を食べて大きくなったじゃないの。それから、お子さんの背を高くしたいなら良い日本の食材があるのよ」

 「それは筍。この食材は上に向かって伸びる力が強いでしょう。食材は陰性と陽性の2つに分かれるんだけれども、上に伸びるということは非常に陰性が強いことを表しているの。旬の季節にこれを陽性が強い子供に与えると背を高くする働きがあります」

陰性の強い筍が子供の身長を伸ばす
 「ただし、食事の陰陽のバランスを取るために陽性の海草、例えばヒジキやアラメなどと炊き合わせるのがいいわね。ヒジキやアラメは骨の再生にも効くので骨折したときなどにも筍との炊き合わせを食べると効果があります」

 食物の陰陽ですか。それを知っているか知らないかで健康に大きく影響がありそうですね。これは古来から研究されていたのでしょうか。

 「江戸時代中期のお医者さんで思想家の安藤昌益は次のように言っています。『一本の草木の中にも陰と陽が完璧にあるように、人間の体の中にも陰陽は完全にある』。そして、この秩序法則を尊敬してこそ幸福があると言っています」

 「また、明治時代の人で食養の元祖と言われる石塚左玄という人がいます。明治維新で日本の食文化が大きく崩れ、日本人の健康が害されることを懸念して『食物養生法』という食物と人間の体の関係を深く研究した人です」

 「その石塚左玄によると食養には次の5原則があります」

食養の5原則とは
(1)食物が健康と幸福の基礎である
(2)ナトリウムとカリウム、陰と陽の2つの拮抗が基本的要素
(3)穀物が人間の一番正しい主食である
(4)一物全体(食物を丸ごといただくの意)の完全な調和のあるものでなければならない
(5)身土不二、三里四方に採れるものがよい

 「石塚左玄は『食育』という言葉を最初に使った人でもあります。また、『食養道歌』というものをつくっています。その中に、春苦味、夏酢の物、秋カラミ、冬は油と合点して食えというのがあります」

 「夏の暑いときは陽性の臓器である肝臓がますます強くなる。だから陰性の食物である酢の物を食べて調和を取りなさいという教えです。このように食べ物の陰と陽は常に意識していないと体に良いと思っていたのに、全く逆ということもあるんです」

 若林さんはお塩の効用についても強調されています。しかし、日本ではお医者さんの指導で高血圧予防のためにお塩をできるだけ控えるように指導されています。お塩を取って大丈夫なのですか。

体に十分な塩分がないと病気になりやすい
 「塩梅(あんばい)という言葉があるでしょう。人の体を気遣うときに使いますね。お体の塩梅はどうですか、と。人間にとって塩気のバランスがとても大事なことを言っています。最近、日本人で腑抜けの人が増えているでしょう。みんな塩気が足りないんですよ」

 「お塩をちゃんと取らないと体温が上がらないんです。だから最近の若い人たちには冷え性や貧血、便秘症が増えているんです。そして気持ちも暗くなって覇気がなくなってしまうんですよ」

 「昔の人は1日に30グラムほどお塩をとっていました。陰陽で言えば、塩気を持っている陽性の魚にも陽性であるお塩を振って、それを陽性の火で焼いて陽性の醤油をかけて食べていた。みんな陽性だから、それを食べている人は元気だったんですよ」

 「貧乏人の子沢山という言葉もあるでしょう。たとえ貧乏でもみんな明るく元気で、今の男性のように精子が少ないなんていうことがなかったから元気な子供がいっぱい生まれた。人間の元気の源がお塩であることを再認識すべきだと思いますよ」

 でも、そんなにお塩をとったらやっぱり高血圧が心配でしょう。

高血圧は塩分ではなく肉食に起因する
 「高血圧になるのは、お肉を食べ過ぎるからなのよ。お肉をいっぱい食べるとその副作用として甘いものが欲しくなる。これがいけないんですよ」

 「お塩をたっぷり使った味噌や醤油、梅干には体温を上げ、新陳代謝を活発にする作用があります。また造血作用もあるから人間を元気にするんです。高血圧が塩分のせいというのは間違いなのよ」

 「それからこれは大切なんだけど、日本で作られている野菜など多くの食物はその種がF1と呼ばれるもので、1代限りの種になっています。こういう種からは非常にたくさんの野菜や果物が取れます」

 「例えばピーマンなんか1本の苗から300~400個も採れるの。しかし、日本の在来種のピーマンの種から作った苗からはせいぜい数十個しか採れません。工業化された野菜を食べるのは体に良いわけがありません」

 このほかにも、若林さんのお話には今まで常識だと思っていたこととは違うことが多い。例えば小さい頃から体に良いから食べなさいといわれてきたピーマンは決して子供に良いものではないとか・・・。

油断大敵、冬に油をとらないと病気になりやすい
 「先ほど、石塚左玄の『食養道歌』で冬は油と合点して食えというのがあったでしょう。体をあまり使わずにいるから陰性になってしまっている。そのときに油を絶ってはいけないという戒めです。油断大敵という言葉があるように冬に油を絶ってはいけません」

 京都の山の中で築160年の古民家に住み、一汁一菜にこだわり、日本原種の種から育てた野菜や穀物だけを育てて暮らしている。お風呂は昔ながらの五右衛門風呂だそうだ。私たちはいつの間にか、日本の知恵を忘れていることに気づかされた出会いだった。

 福島第一原子力発電所の事故で、日本の食料の健康と安全性が脅かされたが、それは逆に私たちが日本の良さを再認識する好機を与えてくれたと言えるのかもしれない。


筆者:川嶋 諭

【転載元】
http://news.livedoor.com/article/detail/5885243/


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の5件 | - 時事ネタ 面白いモノなど ブログトップ