So-net無料ブログ作成
検索選択

ネギ焼きのフリした謎焼 今度はカツオ節を混入してみた(゚д゚) [野郎飯(男の手料理・レシピ)]

あー、この呼称がいまいち不明な謎料理は、最初は小麦粉(薄力粉)を水で薄く溶いたものに、
ネギを大量にぶっ混んだところから始まった物でして、
分類的にはネギ焼きとかドンドン焼きとかいうカテゴリーに入るらしいのですが、、
自分は色々と創意工夫が好きなタチで、昨今では刻み海苔をはじめ、色々突っ込んでは焼いて食べています
まー、このまま色々突っ込んで作っているうち、
最終的には一般的なチヂミやお好み焼きと変わらなくなる日がやってくるかもしれません
ァ '`,、'`,、('∀`) '`,、'`,、

まーそれはさておき、今回はカツオ節が再度登場!
前回は焼き初めにカツオ節を振りかけてクレープのようにくるんでみましたが、
今回はカツオ節を最初から小麦粉の謎液に溶かして、
いつものように食べやすさ重視でクレープ状にくるみ、棒状にしています
ん?これ前にも検証したよな(´・ω・`)

DSC_3436s.jpg
DSC_3437s.jpg
DSC_3438s.jpg
いやー、このプレーンな小麦粉の味っていいわぁー、、
混ぜ物は昨今のお気に入りの刻みネギと刻み海苔、そして今回のカツオ節です
これが多めの油で表面をカリッと揚げることで旨さバクハツなのですわー
ポン酢がお薦めですが、濃口醤油もあうんです
そもそも粉に砂糖とか入っていないのも体に良さげ(^ω^)
でもね、家族のだれもが食べたがらないんだよなぁ・・
戦中だったらこれマジにご馳走、
奪い合いで怪我人出るレベルだぜ?(´・ω・`) <今は21世紀

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 1

コメント 0

コメントの受付は締め切りました