So-net無料ブログ作成
検索選択

「白菜と豚肉の地層鍋」の作り方(ミルフィーユ鍋 横バージョン)【おひとり様用】 [野郎飯(男の手料理・レシピ)]

あー、前の日記のように、この2~3日、嫁さんが子供を連れて実家に行っているので、
飯は独身の頃のように色々楽しんで作ってますw

そしてこの日の夕餉は「鍋」、しかも一人暮らしの頃散々使っていた小さい鍋で料理です
いやーなんか懐かしいわー(*´ω`*)

作る鍋は白菜と豚肉のはさみ鍋(ミルフィーユ鍋とか言われているヤツ)のアレンジ
白菜と豚肉の地層鍋!<なんじゃそりゃ
まー一般的なこの鍋は、あらかじめ白菜と豚肉を層にしてから切り、鍋に縦に詰めこんでいくんですが、
メンドクサイし味も変わらないので、昨今の我が家では鍋の下層から白菜・豚肉・白菜・・と、
まるで地層のように積層させていきます
そして最後に重石替わりで豆腐を載っけるのが流行りですね(ウチの中だけの流行り)
この重石はもちろん湯豆腐風でいただけますw
DSC_3171s.jpg

まずは顆粒のカツオだし5g、昆布だし4g、粗塩を少々、
そして水もこの後100ccほど入れ、あらかじめ溶かしておきます、これがスープのベースになりますDSC_3172s.jpg

白菜は縦に一回、そして横に数回包丁を入れ、ザクサク切っておきますDSC_3173s.jpg

最初の「地層(?)」、白菜を敷きます
DSC_3175s.jpg

豚肉小間切を敷きますDSC_3176s.jpg

再度白菜を敷き詰めます
DSC_3178s.jpg

再度豚肉小間切れを敷きます
DSC_3179s.jpg

さ、さらに白菜を敷きます、というか載せます
DSC_3180s.jpg

白菜を手で軽く鍋に押し込んだ後、水をさらに200ccほど足し、最後に重石がわりに豆腐を載っけますDSC_3182s.jpg

蓋を載せ火をかけます、大体弱火で、時に様子見て中火ですね、ガンガン火をたくと焦げますDSC_3183s.jpg

具材に火が通るに従い、徐々に蓋のふちに白菜や豆腐から出た水があふれてきてきます
出来るだけこぼれないように火加減で調整しますDSC_3184s.jpg

やがて蓋の穴から激しく蒸気が・・DSC_3185s.jpg

ここまでくると、さっきまで縁にあふれていた水分が真空効果で蓋の内側に吸い上げられます
出来上がりですね(^ω^)DSC_3193s.jpg

はいはーい!スタンバイOK!DSC_3194s.jpg

蓋をあけました、湯豆腐も出来てますわー!これが旨いんだ!(しかし絹豆腐なので崩れた)DSC_3195s.jpg

湯豆腐(?)をハフハフしながらポン酢でいただいていると、やがて本命の白菜が覗いてきますDSC_3196s.jpg

ほれ白菜と豚肉のミルフィーユ、横積層でもしっかり挟み鍋が出来るんです しかしまさに地層wDSC_3197s.jpg

はい、鍋を食べた後はシメの時間ですね、本日のシメは鍋焼きうどん
鍋の残り汁に濃口醤油を適宜に入れ、更にすりゴマを投入、そしてうどんをぶっ混み煮ます!DSC_3198s.jpg

ある程度うどんが煮えてきたころ、生卵を投下!DSC_3199s.jpg

さらにイカと海老の冷凍かき揚げ天ぷらも投入!DSC_3200s.jpg

しばし煮込んだ後、鍋を前にして祈ります
「おいしくなぁーれ、おいしくなぁーれ」と祈ります(-人-)
DSC_3201s.jpg

蓋をあけました!
おぉー!ゴージャーッス!
DSC_3202s.jpg

拡大DSC_3203s.jpg

あー、マジに旨かったー!
ごちそーさまでしたー!(∩´∀`)∩
DSC_3204s.jpg


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 1

コメント 0

コメントの受付は締め切りました