So-net無料ブログ作成

【平将門公の首塚】 招かれてるような気がして、久しぶりにお参りしてきた(´∀`) [予感 予知 夢日記 謎 心霊]

あー自分は、案外世間様から、現世利益主義、拝金主義に思われがちなんですが実はそうでもなく、、
目に見えて掴めるような実体のあるものや予測可能なものだけじゃない、いわゆる
「目にみえないもの」「理屈で割り切れないもの」「勘」「ひらめき」などを、
日々日常の中で普通にすんなり受け入れているところがあります
さしずめ「現世利益主義者の皮を被った不思議ちゃん」というところでしょうかw
その背景は、やはり先代達からの教えは勿論、自身でも理屈で解釈できない体験を、
今までにも多々経験してきた経緯からだろうと思っています
(世間様に言うとキチガイ扱いされかねず、あまり言わないようにしています)

そんな中、少し前からやたら気になって気になって、
ここのところ「彼」に呼ばれているような気がずっとしてて・・
仕事の合間に、久しぶりにお参りに行ってきました( ´ー`)
tairano-masakadokou-kubiduka.JPG
ここは東京都心のド真ん中ともいえる場所、
そして皇居の大手門の前、高いビルに囲まれた中に、今もひっそりと厳かにあります
(と、言いつつ、伺った時は周辺のビルは建て直しのため大工事中、エラい騒々しい)

オカルトに傾倒した人々は、「彼」を日本で一番の祟り神だなどとバチ当たりなことを言いますが、
「彼」は穏やかで暖かくどこまでも大きいようにみえます、大きな光の塊のようですね
ただまぁ、TVのバラエティー番組などがウケ狙いで石碑などに悪戯したりしたら、そりゃー祟られますって
人だって顔にいきなり落書きされたり蹴られたりしたら、普通は怒るでしょう
そういう時は、昼間でも空が真っ暗になり、辺りがキーンと鎮まりかえるような空気になります
自分は一回、「彼」の気分を損ねちゃったようなので知ってます・・ ァ '`,、'`,、('∀`;) '`,、'`,、

「彼」の気分を損ねたとは・・
自分が初めてここに訪れたのは、今から30年ほど前の学生の頃、
TVや本で心霊スポット扱いされてたこの都心の一等地の塚を、面白半分、興味半分で「覗き」にいきました
その物見遊山的な気持ちが「彼」のご機嫌を害してしまったようで、、
塚の前に立った途端、にわかに空に黒い雲が立ち込め真っ暗になり、辺りが水を打ったように静かになり、、
さらにガマの置物がある奥の木立の中で、何かがこちらの様子を伺うように、
ずーっとカサコソカサコソ動き回っている音がしてました
なんだろうと覗き込んでも、その音源は全く見えないんですよ、明らかに自分が警戒されているようで・・
しかも相手は見えない、もしくは目に見えるようで見えない黒いモヤのような「気配」のみの存在・・
いやーあの時ばかりは本当に背筋が凍りつく思いがしました
いや、「思いがした」なんてもんじゃない、
真夏の午後2時、さっきまで汗ダラダラの雲一つない快晴だったのに、
黒雲がいきなり立ち込め夕暮れみたいになるし、この場の気温自体が本当に下がった!
まるで冷蔵庫の中にいきなり手を突っ込んだ時のように冷たくなったもんな・・
「彼」は本物だ!と理屈抜きで実感した出来事でした
まぁ、当時のTVや雑誌などで、散々バケモノ扱いされてたところに、
自分のような興味半分で伺うやつが行くわけです
今になって思えば、そりゃー面白いわけがありませんよね、警戒されて当然です

「彼」から怒られた(?)のは、その最初の一回のみでした、
以降はなんだか気さくに暖かく迎えられている気がしているので、
自分はこの30年、何かの人生の節目のときには必ず、
例えば職場が変わった、結婚した、子供が生まれた、などの際は、ご報告がてら伺っております
それ以外にも仕事で大手町駅をよく使うせいか、
時間を見ては、ふらっと立ち寄り手を合わせ、お賽銭をしていったりしてます
お賽銭以外にも、お線香をあげにいったり、願いが適った時などは、
見守っていただきありがとうございます、と、お酒を持って行ったりしています
(そのお酒は実体のない彼の代わりに、神社の人や路上哲学者の皆さんが呑まれるのでしょうがw)

でも最近、公私共に色々あり、「彼」のところに伺えてなかったんだー
だからたまには「顔を出せ」と呼ばれたのかもしれない
申し訳ございません・・(;´∀`)

そういえば自分が「気さくに暖かく迎えられている感じがする」のは何故かな?
・・と考えたことがあったんですが、ひょっとしたらウチの先祖が桓武平氏だという事実や、
「彼」と縁が何気に深い坂東平氏の出だからかもしれません
見えないところでウチの先祖達が「彼」にお話できる機会があり、、
「彼」からすると、
なんじゃオヌシは我が縁者の末裔であったか!
初めてオヌシがここに来た時は、
目つき風体も人斬りのように悪しく
誠にどこの馬の骨が来たかと思ったぞ!
うっはっはっはっはっは(´∀`)
・・なんて思って笑ってくれてると嬉しい(^ω^)

平将門公、これからもこの若輩者を見守ってやってください!(-人-)

平将門-Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%B3%E5%B0%86%E9%96%80

nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 10

コメント 0

コメントの受付は締め切りました