So-net無料ブログ作成

上妙典 知られざる千貫神輿の事実 二天棒がデフォルトだったらしい(゚A゚;)ゴクリ [行徳神輿(行徳 妙典)お神輿の町]

あー、去る2014年10月5日、
21年の沈黙を破り不死鳥のごとく復活した千葉県市川市妙典の「上妙典八幡様」の伝説の千貫神輿を、
その当時、地元の方々とのご縁で渡御に参加させていただいたのですが、
その後、このお神輿に関して幾つか知ったことがありますので、一応情報共有をば・・

実はこの上妙典のお神輿は、その昔はなんと
二天棒で担ぐのが基本だったようです:(;゙゚'ω゚'):
現代人は昔の人々に比べ、肉体労働が減り、結果的に身体能力が低くなったことから、
現代は四天棒にして、担ぎ手を多くしていると・・

また、千貫神輿といわれる上妙典のお神輿ですが、
お神輿自体の大きさに関しては、同じ行徳地域にある別のお神輿に、やや大きいものがあります、
しかしそのお神輿は、行徳のお神輿の担ぎ方「放り投げ」に対応するため、作りを軽くしているそうで・・
でも上妙典のお神輿は「放り投げ」をせず、特に軽く作っていないことから、
やはりメチャクチャ重いお神輿だということです
まぁ1t前後はあるのではないでしょうか
このお神輿をお宮から出す際、その鳥居を一般的な長さの二天棒でしかくぐれないため、
皆必死になって近くの広場まで二天棒で担いでいった記憶があります(そこで四天棒化)
その昔はあれが当たり前だったんだなぁ~、あの二天棒のままで町を闊歩したのか、
同じ二天棒でも、千葉県いすみ市の大原はだか祭りのお神輿のように、
棒自体が長ければ担ぎ手も増やせるんでしょうが、、
あの一般的な長さの二天棒では24~26人が精々なのでは、と・・
それを考えると、昔の上妙典村の人々はハンパなくスゲェ漢(おとこ)っぷりだったんだなー、と・・(;´∀`)

2014omikoshi.jpg
上妙典八幡様のお神輿が二天棒で鳥居をくぐり、今まさに細い参道を出る様子
いやー、今振り返ると一歩歩くごとに体力消耗するのが分かったもんな
自分は、お祭好きが多い南房総出身なこともあり、色々と南房総各地のお神輿を担がせて頂きましたが、
その重量級さ加減、雅やかさと、担ぎ作法の厳かさ(とでもいうのでしょうか)など、
「神輿=神事」という神々しさにおいては、自分の中では上妙典八幡様のお神輿が今でも一番思い出深いです
次回の渡御は、2017年10月の予定らしいですが、
またお誘いいただけたら、、担ぎに行っちゃおうかな(●´ω`●)

上妙典八幡様の千貫神輿
次回2017年10月の渡御を期待し
一本でシメます!

イヨー!
( ゚Д゚ノノ"☆パンパンパン パパパンパン パン!! 

kamimyouden-omikoshi1-omotai.jpg

上妙典八幡様の千貫神輿 練習風景 2017年10月8日渡御を前に ヽ( ´ー)ノ フッ
http://sanadado.blog.so-net.ne.jp/2017-10-03
上妙典八幡様の千貫神輿 2017年10月8日渡御 いよいよ、きたか!(; ・`д・´)ゴクリ…
http://sanadado.blog.so-net.ne.jp/2017-07-29
行徳まつり2016に子連れで行ってきた
http://sanadado.blog.so-net.ne.jp/2016-10-24-4
行徳四ヶ村祭り 見に行ってきた(´∀`*)
http://sanadado.blog.so-net.ne.jp/2016-10-11-6
上妙典 知られざる千貫神輿の事実 二天棒がデフォルトだったらしい(゚A゚;)ゴクリ
http://sanadado.blog.so-net.ne.jp/2016-04-11-1
下妙典 獅子頭神輿 春日神社例大祭2015 また行徳のお祭りに飛び入り(゚∀゚)
http://sanadado.blog.so-net.ne.jp/2015-10-13
上妙典 知られざる「ド級」千貫神輿 そして神輿はまた3年の眠りに・・(´ぅω・`) zzz
http://sanadado.blog.so-net.ne.jp/2014-10-20
上妙典 知られざる「ド級」千貫神輿 この一か月は、実はお神輿三昧でした
http://sanadado.blog.so-net.ne.jp/2014-10-13

上妙典八幡神社
千葉県市川市妙典一丁目11番16号


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

nice! 0

コメント 0

コメントの受付は締め切りました