So-net無料ブログ作成
検索選択

関東一旨い大多喜のたけのこ(゚∀゚)=3、大多喜カエムたけのこ園 [房総グルメ 料理 食]

149_1625654283_132large.jpg
※この外観写真は前に撮ったものです念のため


前の日記の続きでーす(・∀・)

館山市を後にし、向かった先は、房総半島南東(南南東?)部の実家、
そこまでは主に外房の海岸線や、房総丘陵を縫うように裏道(山道?)を使い、効率よく移動していきます
道中、行川(なめがわ)辺りの国道を横切るタヌキの親子にフルブレーキ(!)しながらも、
今回もエッチラオッチラ一時間半程で着きました

途中、実家のそばにある「大多喜カエムたけのこ園」に寄り、
我がゴッドマザー(母)が、弟の件で走り回る自分のためにと、
注文・支払っておいてくれた大多喜のタケノコ(孟宗竹の筍)を受け取りました

大多喜のたけのこは今が旬!
この日も掘りたてのモノを「生」で試食させてくれました
あまーい!(゚∀゚;)=3
たけのこってのは一般的に生で食べると、そのアクのせいで舌がビリビリするもんですが、
そんな感じは全くありません!さすが!
大多喜町の、三又、川畑、平沢、弓木地区のたけのこは、
その土壌の性質からかアクが殆んどなく、また甘みもひときわ強く、
一般に言われるたけのこのアク抜きの手間が全くかからないものなんです
アクが(ほとんど)ないから、切って軽く湯煎するだけで、お刺身のようにして食べることもできます!
そんなことからも、大多喜町のたけのこは「関東一旨い!(事によったら日本一?)」と有名です
で、そんな大多喜町の数あるたけのこ園の中でも、ここ「大多喜カエムたけのこ園」は、
今は亡き地方紙新聞記者の父親の、その食い道楽だった肥えた舌一番のお薦めのたけのこ園で、
「カエムの山のたけのこは、そのアクのなさ、甘さで群を抜く!( ー`дー´)キリッ(生前談)」ということでした
以来、うちのたけのこは「大多喜カエムたけのこ園」で、となっておりますwww

もちろんたけのこ以外もあります!
大多喜界隈の地元の農産物がたくさん売ってまして、
昨日一緒に買ってきた一宮町のトマトなんてサイコー!!
ミテクレは小粒でしたが、あの異様なほどの甘み旨みは一体何なんだろうっ(; ・`д・´)て感じです!!
こっそり旨み成分でも注射針で注入してるんじゃないか?ってぐらい旨いですwwwwwwwww

あーちなみにですが、「大多喜カエムたけのこ園」は、
販売だけではなく、もちろんたけのこ狩りもできます!
たけのこ狩りができるからこそ「たけのこ園」なんですよねww
この陽気のいい季節、カノジョやご家族連れていったら
きっと喜ばれるんじゃないでしょうかねー
ちびっ子は大はしゃぎで楽しんでくれること間違いなしっす!
(・∀・)ノシ



あー、で、昨日カエムさんで受け取ったたけのこ
149_1920846421_75large.jpg
ootaki-takenoko-pic 1.jpg
いわゆる「みかん箱」に満杯状態!30本ぐらいありましたw、
まさに大人買いww
しかもみんな立派なモノばかり!
柔らかさがちょうどよい頃の大きさのモノを選んでくれました
カエムのご主人good job!
gujjyob.jpg

しっかしまー、一般家庭にしてはモノスゲー量だ、
東京で転売して儲けられそうな具合ですよこれwww

で、まぁ実家に少しおすそ分けして、箱ごと我が愛馬「金色(こんじき)の自由(Jeep Liberty)号」に詰め込み、
自宅に帰ってから手頃な大きさので「たけのこのホイル焼き」でさっそくいただきました(゚∀゚)

149_1920843807_13large.jpg
ootaki-takenoko-pic2.jpg
ootaki-takenoko-pic3.jpg
ootaki-takenoko-pic4.jpg
んー
んまい!( ;∀;)
泥のついたままアルミホイルで包み、オーブントースターで20~30分、
アッツアツで湯気を立てる皮をはがし、身が出てきたらまずはそのまんまガブッっとw
甘みとジューシーさが口いっぱいに広がってきます!w
そしてその後は醤油に付けながらバクバクとww
まーこんな食べ方は早々できませぬ
この季節だけの贅沢っすよねこれ(´∀`)

写真が良くなくて今イチ旨そうに見えないですけど、マジはんぱなくウマーっすw
この美味しさがモニターごしに伝えられなくって非常にザンネン(´;ω;`)
・・・とかなんとか言いながら、今夜のたけのこのおみおつけ(房州弁で味噌汁)と
たけのこご飯のことで頭がいっぱいなワタスィなのであった(∩´∀`)∩ワーイ


【Blog内の、大多喜カエムたけのこ園 関連日記】
タケノコ味噌汁ぶっかけご飯という至福( ´ー`)フゥー、今年のタケノコシーズンそろそろ終焉
大多喜のタケノコで2017年もタケノコ三昧(^q^)大多喜カエムたけのこ園
大多喜カエムたけのこ園 ここは大多喜タケノコの真のレジェンド(伝説)
大多喜産の旨い米 大多喜カエムたけのこ園(カエム農園)
2016年も伝説の大多喜たけのこ「大多喜カエムたけのこ園」タケノコご飯、タケノコ味噌汁
大多喜 カエム農園のお米と、真竹のタケノコ
2015年も「大多喜カエムたけのこ園」で、伝説の大多喜たけのこをGET!
2014年 そろそろシーズン終盤 大多喜タケノコづくし(・´з`・)
大多喜町のたけのこ、アクがないんで料理簡単ヽ(=´▽`=)ノ
大多喜たけのこカレー(きのこ入り)
房州寿司(風)お手製寿司と、ワラビの煮物、たけのこのおみおつけ(´∀`) 昨夜の夕飯
大多喜たけのこ にぎぃめし(´∀`)
たけのこご飯 たけのこ味噌汁 たけのこ煮物、大多喜たけのこ三昧 そしてたけのこ保存法
関東一旨い大多喜のたけのこ(゚∀゚)=3、大多喜カエムたけのこ園
大多喜 タケノコ ふたたび・・・( ー`дー´)キリッ
大多喜 タケノコ そして蕎麦 (・∀・)ノシ
大多喜町産タケノコ料理 タケノコご飯、タケノコ味噌汁、タケノコ煮物


大多喜カエムたけのこ園 (おおたき かえむ たけのこえん)
住所:〒298-0252 千葉県夷隅郡大多喜町三又851
TEL:0470-84-0344


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 3

コメント 0

コメントの受付は締め切りました